ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

雨過天青…台北國立故宮博物館・北宋汝窯青磁水仙盆

昨年12月10日から東洋陶磁美術館で開催されている「台北國立故宮博物館・北宋汝窯青磁水仙盆」

b0309033_14130459.jpg

1月に1度訪れ、
思い人に逢うごとき気持ちで訪れた今回が2度目の鑑賞。
鑑賞というよりも汝窯青磁との逢瀬の一時といっていいでしょうか。

雨過天青とも表される汝窯青磁の最高傑作。
この青。

「雨の過ぎ去った後、雲間から見える青空。
そのような器を手にしたい。」
時の皇帝が切望したという青。



この青を見るだけでいい。
それだけでいい。
そう思わせるほど、
何度でも訪れたいと思うほどの今回の特別展。

北宋・汝窯青磁水仙盆

図録集の色も実物に迫っていて、躊躇うことなく買い求めました。

平常展は勿論のこと
この特別展と関連させて組まれたのでしょう特集展「宋磁の美」も素晴らしい
まさに青磁・白磁を堪能。

ビデオ上映映像
「天青~人類史上最高のやきもの~」も何度も見直したい映像。
映像で紹介されていた、
後世、清の皇帝・乾隆帝が、オマージュとして景徳鎮官窯で青磁水仙盆を作らせ、詩を詠むほどに賞玩したという。
作品とともに、汝窯青磁に寄せて乾隆帝が詠んだ詩も又何度も味わいたい。

3月26日まで。
愛しいものに逢うがごとく、3月にももう一度訪れたい。

2度目になる今回の汝窯青磁との逢瀬は、私のお誕生日ランチの後。
この美術館には珍しく次々と人が来館するので、何があったのかしらと訊ねると
この朝にNHK・Eテレ「日曜美術館」で放送されたからでしょうとの事。
テレビ放送の力って凄い。



Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-02-13 10:32 | 展覧会
<< 備忘録として…見た映画 恙無く…… >>