ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

こうの史代「この世界の片隅に」

いまもまだ上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」の原作を読む。

映画公開時に息子が「漫画だけどとてもいいよ」って貸してくれたもの。
活字物があれこれあって、映画観終わった後もこちらを読むモードに切り替わらなかったけど、
ひょこっと間が空いて読んでみようかという気になって……


前編の表紙をめくると
「この世界のあちこちのわたしへ」の言葉が。


「のん」こと能年玲奈さんの「すず」の声が耳の奥で甦ってくるような……


すずが、道に迷って紛れ込んだ遊郭。
そこですれ違った一人の遊女白木リン。
映画ではさらりと描かれているだけだったけど、
リンにもこの世界の片隅でリンの人生の欠片だけど描かれている。


「誰でも何かが足らんぐらいで
この世界に居場所はそうそう
無うなりゃせんよ
すずさん」



「ほいでも
なんで
知らんでええことか
どうかは
知ってしまうまで
判らんのかね」
すずの言葉に、生きていくということのしんどさが……


後編でも「すず」の人生の一片とと「りん」のそれとが交差する。


そして水原哲
海軍士官兵となってすずの前に現れた哲
「わしはどこで人間の当たり前から外されたんじゃろう
それとも周りがはずれとんのか。
ずっと考えよった」

「じゃけえ
すずが普通で安心した」
「ずうっと この世界で普通で…まともで居ってくれ」
そんな哲の言葉を普通に黙って受け止めるすず


姪の晴美を失い…
右手を失い…

「生きとろうが
死んどろうが
もう会えん人が居って
ものがあって」

「うちしか持っとらん記憶がある
うちはその記憶の器として
この世界に在り続けるしかないんですよね。」

のんの声と重なってすずの声が聞こえてきそうな……
やっぱり原作も読まないと
この映画は
そう思います。



b0309033_15283567.png
で、映画化にあたって、どれを、何所まで斬り捨てるかって
至難の業だがってこの原作を読んでしみじみ思う。

画家がどこで絵筆を置くか…それが名作と駄作の分かれ道だとか。
凡人はつい手を入れすぎてダメにしてしまうんだそうだ。
高校で美術部の顧問だった先生の話を思い出す。



Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-03-09 15:29 |
<< 映画「遊びの時間は終わらない」 今日のランチ >>