ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

映画「遊びの時間は終わらない」

こんな楽しい面白い映画があったんですねぇ
★★★★★

Netflixのリストを繰ってたら、
韓国映画「正しく生きよう」(2007年)って面白そうなタイトルがあって、
作品概要を読むと…
多発する銀行強盗で不安が高まる。
警察署長は信頼を得ようと強盗の予行演習を行うことに。
ところが超真面目な巡査のあまりにも完璧な演技で、演習は思わぬ方向へ……
なにやら面白そうな予感のする映画。


キャスティングなど知りたくてネット検索すると、
この作品は1991年公開の邦画「遊びの時間は終らない」のリメイク作品で、完璧な強盗役を演じる主役はもっ君こと本木雅弘。
しぶがき隊解散後、彼が本格的に役者活動を始めた頃の作品。

これはもっ君出てるこっちを見なければと検索すると、こちらもNetflixで配信してた。
横道だけど、ネットフリックスといい、フールーといい、動画配信サイトの最近の充実ぶり!

監督はタイトルだけは良く知っているけど見たことがない「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズの萩庭貞明監督。

キャスティングだけ眺めても面白そうな予感全開の面々。

もっ君この時25.6歳。

ええ目つきしてます。

ええ面構えしてます。


b0309033_15533815.jpg

b0309033_15532750.jpg

この映画、ウィキペディアのストーリーをお借りするとこんな内容。

ある日、警察は国民のイメージ上昇を狙って筋書きの無い防犯訓練を行うことにした。しかし銀行強盗役に選ばれた警官・平田(本木雅弘)は、まじめで全く融通のきかない性格だった。彼は大真面目に強盗計画を立案して犯人役を遂行。すばやく平田を検挙するはずだった警官がドジを踏んで平田の持つモデルガンで撃たれ死人扱いとなってしまったことから、人質とともに銀行に篭城する破目に陥る。しかもこのことが、お祭り志向のディレクター(萩原流行)によってテレビ中継されることになってしまい、銀行の前には大量の野次馬が殺到。適当に落ちをつけてなんとか穏当に訓練を終わらせようとする警察の意図は次々とくじかれ、防犯訓練は前代未聞の先が読めない展開となってしまった。誰がどうやって幕を引くのか……

しかし、この映画の面白さはやっぱ映画観ないと分からないなぁ。

b0309033_15560425.jpg

もっ君が良かったのか、監督の演出が良かったのか、
三谷幸喜作品よりももっと素直にケラケラ思わず笑えたわ。



Machi。



[PR]
by machiiihi | 2017-03-10 15:58 | 映画
<< 映画「哭声(コクソン)」 こうの史代「この世界の片隅に」 >>