ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

久々の更新~8(エイト)君とか、琅琊榜とか、枕草子とか、

b0309033_09095058.jpg

iPhone8Plusがお手元に。
優れもののiPhone君。
親しみをこめて8(エイト)君と呼ぼう。
予約開始日の翌日に行ったもんだから、この土曜日にようやくお手元に。

ためしに写真なんぞを。
と、今の一隅を撮ってみた。
今までの6Plus君は、撮りましたガシャッ!って聞こえよがしに音がしたけど、
8君は、とっても静かで、一呼吸おいてからポロリンって一つ呟くだけ。
これはこれでいいのだけど、勝手なもんで撮った!って実感わかなくって、何やら愛想が無い気もしないわけでもない。

ちょっと重い気がしたんだけど、
8君は今までで一番重くって200g超えたって。
でもまぁ、今まで使ってた6Plusも190g超えてたようだし~
まぁスマホ自体が軽いもんじゃないから、
重いと言うより私的には安定感がある気がする。


それよりも容量が256BGなんで、動画試聴にはGood。
今までも65GBで不自由なかったけど、
ばんばんダウンロードできる。っていってもそんなに見る時間もないんだけど。

ただ、イヤホンジャックが無くなったんで、イヤホンつけながら充電しながらっていう時はどうする?
使わんときに充電する話なんかな……
なんやらワイヤレス充電だって…

2つのスピーカーが大きいの
だからかな
音楽聴いていると、微妙なサウンドをひろってくれてるみたいで、結構良いみたい。


とまぁ、あれこれありながらも、機嫌よく使いだしております。


さてさて、
嵌ってるものと言えば、
やっとこさネットフリックスで配信始まった中国ドラマ「琅琊榜~麒麟の才子、風雲を起こす」
何時になったら全話配信されるの?
DVD持ってるけどネットフリックスでも早く配信してほしい!

ネットフリックスみたいな動画配信サービスだと数秒後に次の動画が開始される。
こういう味をしると、DVD入れ替えが邪魔くさくって……
おちびちゃんたちときたら、お終いにしましょって言っても、画面隅っこに現れる次の動画映像を見て、「これ見るの! ダメ! ダメ!」ってテレビにしがみついている。
テレビでもスマホでもどこでも好きな時に見れるしね、
ったく人間って怠惰になるにも限度なしだわ。

「琅琊榜」は昨年テレビ放映の最終話見たとたん、即DVD購入!
いやぁ、それからもう何度見直してくることか!
いくつも伏線があるから、2度見て、あぁそうかって更に納得で面白い
3度見では俳優たちの、とりわけフー・ゴーの細やかな目の動きとか演技とか堪能。
何度見て美味しさが変わらないのがこの「琅琊榜」。


オープニングの映像と音楽も良いけれど、
エンディングで主役の胡歌(フー・ゴー)が歌う「風起時」がまた良くって
歌と声と映像でドラマの余韻に浸ってる。
衣装も調度品も音楽も上品で落ち着いていて、
もう韓ドラのキンキラキンは見れないわ。

叔母さんにDVD貸してあげたら、叔母さんもはまりまくってる。
これ見たら、他のドラマが見れなくなった。
二人で胡歌(フー・ゴー)祭りで盛り上がってる。

  いつまでかわからないけど、今だったらRakutenTVで1話~3話まで無料で見れる。

中国では数十年先に舞台を変えて続編が撮影されたとか。
でも胡歌がいないとねぇ~
b0309033_09443786.jpg
b0309033_09444946.jpg
今読んでる、
朝日選書発行の山本淳子さんの「枕草子のたくらみ~「春はあけぼの」に秘められた思い」が面白い。
橋本治氏の「桃尻語訳 枕草子」は面白かったけど、これはあくまでも枕草子という本の世界の味を教えてくれたけど、
本書は、「枕草子」に秘められた清少納言の思いを紐解いた本、とでもいえるかしら。
「枕草子」がもっと身近に、あの時代生きたものとして感じられる。
面白いです。


Machi。









[PR]
by machiiihi | 2017-10-03 10:00 | 徒然に
<< 「北斎~富士を超えて」於:あべ... 映画「パターソン」 >>