ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

2017年 04月 05日 ( 2 )

村上龍・著「コイン・ロッカー・ベイビーズ」

やっぱり村上龍はいいよな!
凄いよな!
って改めて思った
「コイン・ロッカー・ベイビーズ」
ちなみに
ねんのため
村上春樹ではありません。
村上龍です。

芥川賞を受賞した「限りなく透明に近いブルー」(1976年)のあと、1980年に刊行されたのが本作「コイン・ロッカー・ベイビーズ」
「限りなく透明に近いブルー」は読んだんだけど、本作は未読。
たぶん当時の私には重過ぎるテーマだったんでしょう。


ほとんど同時代の私と村上龍。
自伝的小説「69sixty nine」などは私の高校時代と重なる空気充満で楽しく読んだ。
通学電車で違う高校に通う友人が、「英語のテストで、<enterprise>の単語の意味が分からなくて<原子力空母>って書いた」って大笑いしたそんなお喋りも思い出した。
そんな時代に高校生だった私も村上龍も。


彼の小説やエッセーを読んでいると、同時代感覚といういか、共有できる感覚がある。
連帯感とでも、信頼感とでも、そんなものにも繋がる様な……。
それは今の彼からも変らず感じられる。

WOWOWで放映されてた韓国映画「コインロッカーの女」を見て、映画情報を検索していて、村上龍の本作にぶつかったのがこの本を手にとったきっかけ。

久々に読む彼の小説。

彼の20代後半の作品。
当時、社会問題にもなった多発するコインロッカー幼児遺棄事件を題材にした本作。
ここまで描ききっているということに、
やっぱり芥川賞作家だなって妙なところで感心させられる私。
感心してしまう私。

映画でいうならシークエンス
その一連のシーンの描写に改行が無く、すっと書き綴られている。
それでも読み手を文字の流れから目を逸らさせない、ぐいぐい引きずり込ませる力。

文庫本になった時は元々は上下2巻だったのが、新装版として一冊になったようです。
b0309033_12415970.jpg
一気に読みました
村上龍氏の「コイン・ロッカー・ベイビーズ」
久々に
小説らしい小説を読んだ!っていう、重さを伴う充足感に浸れました。

「映画らしい映画 見た!」ってのと同じ感覚ね。


スマホの四角い枠の世界じゃやっぱり生きられないのよね。



Machi。








[PR]
by machiiihi | 2017-04-05 13:05 |

4月になれば……

4月になれば、
こんなはんなりした桜色をみると、
やっぱり
こころが浮き立つ


昨夕
大川沿いの桜。
朝はうんともすんとも無かったらしいけど、
昼からの陽気で一気に花開いたみたい。
b0309033_09552850.jpg
b0309033_09553508.jpg
b0309033_09554764.jpg
b0309033_09554162.jpg
週末は、叔母と私と、そこに実家の母もいっちょかみして
フィギュアスケート世界選手権お茶の間観戦で
電話とメールがいったりきたりのジェットコースター状態で

昨日は夫が出張なさったので、
友人から「うちら勝手に羽生君優勝祝賀会やろう! 隣の喫茶店で焼きウドン奢るわ~!」ってメールきたもんだから
天満橋にある友人のギャラリーまでいそいそと寄り道。

女二人焼きウドン食べながら。
ネットにアップされている今回のフリーやらエキシビジョンの白鳥というよりも、凛とした丹頂鶴さんの舞やら、プレカンやら、帰国時のインタビュー映像やら、はたまた2012年ニース・ワールドの伝説のロミ・ジュリやら見ては盛り上がっての他愛ないもんですけどね。

しかし、まぁ
桜までウキウキ気分を盛り上げてくれて
ありがとう!


実はこの週末、
実家の母と叔母と妹の4人で
毎年恒例、京都まで筍料理を食べに行く予定なんだけど、
羽生君ショート5位の結果に
今回は表彰台も無理かも……って
筍料理の食事会もお通夜状態になってしまうやんって思っていたら……


優勝おめでとう! です。


それからアイスダンスのパパダキス・シゼロン組!
フリーはショート1位のカナダのテッサ・モイア組を押さえて1位に。
YOUTUBE動画で彼らのフリー演技何度見たことか!

結果テッサ・モイア組がトータル198.62で金、パパダキス・シゼロン組が196.04で銀、
そしてアメリカのシブタニ兄妹が185.18で銅。
バンクーバーオリンピックで金、ソチ・オリンピックで銀のテッサ・モイア組。
平昌オリンピックでは当然金メダルを目指しているだろうし、
2015.16年世界選手権2連覇の若いパパダキス・シゼロン組も当然表彰台の真ん中を目指しているだろうし、シブタニ兄妹もメダル争いに食い込んでくるだろうし
男子シングルの熱さは半端ないけど、
アイスダンスもかなりの熱さ。


4月1日の羽生君優勝で
心は春爛漫桜満開状態で
よろしいこと!

ホープ・アンド・レガシー

まさにレガシーになったヘルシンキワールド男子フリー。



4月8日からは
奴等の20年後を描いた「トレイン・スポッティング2」が公開だって。
なにやら嬉しいこと。
皆さん変らず健在は喜ばしい。
シックボーイも現代版ホームズしているしね。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-04-05 10:33 | 徒然に