ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

カテゴリ:映画( 159 )

映画「神なるオオカミ」

監督はジャン=ジャック・アノー。
ショーン・コネリーのいぶし銀のような渋さが光る「薔薇の名前」、そして見るほどに胸にさらに深くしみこんでいく「愛人/ラマン」、それから「セブン・イヤーズ・イン・チベット」、狙撃手ジュード・ロウのグリーンアイが美しかった「スターリングラード」もこの監督の作品。
ジャン=ジャック・アノー監督作品にはお気に入りが多い。
脳裡に焼き付いているシーンもいくつかある。
動物を描いた作品も忘れ難い。
「小熊物語」
それから、幼い頃、人間の手によって離別した二頭のトラが成長し、互いに戦うべき相手として闘技場で再会した兄弟虎を描いた「トゥ・ブラザーズ」
何度か機会あれば見直すけれど、その度に「いい映画ねぇ」としみじみ思う。
熊でも虎でも子供のころのまるっこくって無邪気な姿を見せられたらねぇ……参ってしまいます。

そして本作では、オオカミの子供を育てる青年を描いている。
日本での劇場公開が見送られた映画を上映するイベント「未体験ゾーンの映画たち」の2016年で公開された作品。
予告映像はこちら
私はフー・ゴーからアリエル・リンへ追っかけ関連でウィリアム・フォン主演の本作を知って、アマゾン・プライムで視聴。
映画を見て、原作を読みたくなった。
映画邦題は「神なるオオカミ」
これは中国国内のポスターでしょうか。
b0309033_16105659.jpg

文化大革命の時代の内蒙古が舞台。
1967年、文化大革命の下放政策により内モンゴルにやって来た知識青年を通して、その地に生きる狼と、草原の遊牧民たちを描いた作品。
狼を崇拝し、自然の摂理を重んじ、狼たちと共生する遊牧民たちの、彼らの中に脈々と受け継がれている精神世界。
しかし政策という名の下で、人と動物と自然と共に生きる彼らの世界が引き裂かれる。

映画は、都会からやってきた青年が、保護しこっそりと育てる幼い狼との絆を軸に描かれているが、
原作はおそらく中国体制に対する強烈な批判精神に充ち溢れているだろうとは、映画を通しても容易に推測される。
b0309033_16123694.jpg
原作者は姜戒(ジャン・ロン)
文化大革命時は大学生で、1967年に知識青年として内モンゴルのオロン草原の村落に下放され、そこで11年間暮らしたとのこと。
その時の体験をまとめたものが本書。
ウィリアム・フォン演じる主人公の青年がジャン・ロン自身といえるだろう。

都会からやってきた青年は漢民族
遊牧の民とは異なる民族
そんなセリフも端々に出てくる。


原題は「狼図謄」
「図謄」はトータム或いはトーテム。日本語では部族、血縁(血統)の意味となるだろう。
遊牧民の長老が、狼を見習えという言葉がある。
我々の中には狼の血が流れているという。

これがジャン・ロンの描かんとする壮大なテーマの一つだろう。

国内での刊行は2004年。
その後、海外翻訳も次々となされ、中国(中華民国)建国後最大の著作物輸出作品となったそうだ。
中国で発売された原作の表紙
b0309033_16101346.jpg


映画は、
オオカミと遊牧民たちの、生き抜くためのすさまじい攻防を描いた映像は、さすがです。
アノー監督は本作の撮影までに7年の準備期間を経、35頭の狼を育てて飼いならすのに3念を費やしたそうで、撮影終了後、狼たちは調教師の手でカナダの野生動物園に映されたとのこと。


これはこれで映画作品としては完結しているだろう。
ただ、私としては、映画から零れ落ちたであろうものを、
ジャン・ロンが語らんとしたものを
原作を読んでみたいと思った。


アマゾンにて取り寄せ中。

原作では青年と狼の別れはドラマチックに描かれているけれど
原作では違うようだ。


映画を見て原作を読みたくなった。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-11-06 14:37 | 映画

映画「捜査官Ⅹ」

すっかりはまってしまっている中国ドラマ「琅琊榜」の主人公・林殊こと梅長蘇を演じた胡歌(フー・ゴー)
金城武を柔らかく端正にした感じだわねぇってところから、最近お見かけしなくなった金城君を懐かしく思うこの頃。
金城君って、出演作品やインタビュ―での受け応えを見ていると、例えていうなら院半年働いて半年寝て暮らすみたいな、どこか世俗の物欲とか名声とかに捉われないようなお方みたいだから、作品選びもヒット期待できる作品よりも自分の興味や感性に合致する作品を選んでるんでしょうね。業界ずれというか芸能界ずれしていない人って気がする。
「恋する惑星」の失恋男も初々しくって、
b0309033_09152066.jpg
ヒット作ではなかったと思うけど、恋人を亡くした女性を空から見ていて、慰めたくって天空の穴から地上に落っこちた天使を演じた「ラベンダー」とか、
b0309033_13434988.jpg

b0309033_13435323.jpg

一目ぼれ同士の男女が、壁一枚隔てただけの部屋に住みながら、別々の門から左右に分かれて出ていくからずっと出会えずにいて、そんな二人がラストでは……
b0309033_13435774.jpg

b0309033_13440258.jpg
b0309033_13440583.jpg
ほのぼのとしたラブストーリーの、飄々とした雰囲気の彼が結構気に入っている。
鳩を相手にヴァイオリンを弾いて、弾き終わったら恭しくお礼のあいさつをするのが絵になるのは金城君ぐらいじゃないかな。
で、台風通過で必要以外は出歩かず家にいた週末。
そうそう金城君作品を見ましょうと、
何が見たい?って頭にすぐ浮かんだのが、スクリーンで見た時はさほどの印象もなかったけど、なんか気になっている「捜査官Ⅹ」をもう一度観ましょうと、ネットフリックスとアマゾンプライムを検索したらネットフリックスで有りました。

b0309033_11071033.png


2012年公開の作品
「捜査官ⅹ」って言う邦画タイトルには、能がないわねぇって苦笑するも、
そんなことはどうでもいいか、金城くん映画だからって思えるのが金城武。
金城君が捜査官を演じる作品!
諸葛孔明を演じたレッドクリフではあんまりオモシロなかったから、
今回のは予告映像とか見ると金田一耕助か刑事コロンボか、
ひたすら事件の真相に迫らんとする捜査官Ⅹことシュウ・バイジュウ
金城君主役の映画!って思って見ていたら、


b0309033_11094141.jpg
b0309033_11091114.jpg

後半からは紙職人ジンシー役のドニー・イェンのアクション炸裂で、
ドニー・イェンの映画だったの?!って
そうなん?って、頭の切り替えできないままに
物語は一気に終盤に。
そして極悪組織「七十二地刹」の教主と、教主の息子で、極悪組織から抜け出さんと、紙職人ジンシーとして家族とひっそりと暮らしていた息子タンロンとの壮絶なる死闘に
あれよあれよと見てる間に、
b0309033_11074069.jpg
「ラスト・コーション」でトニー・レオン相手に堂々の演技が光っていたタン・ウェイ。
健気な妻役が初々しかった。

b0309033_11084054.jpg
b0309033_11063997.jpg
金城君演じる捜査官シュウは、教主に留めの鍼を打ち込むも振り飛ばされて頭打って……
b0309033_11255596.jpg
b0309033_11251820.jpg

原題は「武侠」だったのね。

b0309033_11061060.jpg
そうなんや、って、
半分ぎくしゃくしたまんま、
作品のええとこ掴みきれないまんま観終わった作品でもあった。
何見てたんだか、まるっきり掴み切れてなかったなって、今回見直してみてつくづく思う。

タイトルが「武侠」であっても、「捜査官ⅹ」であっても
ドニー・イェン演じるジンシーことタンロン側から見ても、
金城武演じる、法の権化のような捜査官シュウ側から見ても、

極悪非道の世界から、人としてまっとうな生き方をと願うタン・ロンと、
ある事件をきっかけに、本来の優しき己を封じこめ、非情であっても人を信じず法の厳格なる執行者たらんと葛藤を抱えち捜査官シュウと。
背中合わせのようにも思える二人の男。


美しくものどかな山村の風景。
二人の男の抱えるそれぞれの悲哀が見え隠れする。

じっくり観ると
この映画、
人と人との絆
信じると言う事
そして
個と家族、組織、ひいては国家
パッと見は武侠アクション映画の様相をみせながら、なかなかに奥が深い映画とみた。

そして、
こんな金城君も良くって、
やっぱり、見直してみて、やっぱり金城君の映画だったとつくづく思う、というのが私のオチ(笑)
日本人には区別つかないけれど、捜査官シュウは四川省なまりだとか。
四川省鉛の金城君が中華圏では評判だったとか。
例えば和久俊三原作の「赤かぶ検事奮戦記」みたいな……(笑)
b0309033_11104367.jpg

b0309033_11251322.png
はたまた、こんな胡散臭げな顔の金城君とか、
b0309033_11101304.jpg
自然体みたいな風に役を演じる金城武。
やっぱり稀有な存在だわと思う。


Machi。




[PR]
by machiiihi | 2017-10-30 11:21 | 映画

映画「婚約者の友人」

アップしてから映画見ていて思ったことの書き忘れをひょこっと思いだした。
加筆してます

久々のオゾン作品
ちょっとここ数年の作品は私的には受けなかったけど
本作はトキメキの予感たっぷり。

公開初日、台風がやってくるという雨降りの中イソイソと、ウキウキと映画館へ。


私が、いえ、映画ファンの私たちが愛していた映画ってこんな映画なのよね!って
そんな思いでスクリーンの映像を見てるって、なんて至福の時なんでしょう。


まずは本作の監督
フランソワ・オゾン。
b0309033_09513736.jpg
やっぱりオゾン!
映画ファンの期待を裏切らない
彼って、まだまだ49歳なのね
まだまだ素敵な映画を撮ってくれる!
こんな映画みてると嬉しくなる。


物語は、

残酷な事実
そして心に負ったぬぐいきれない傷の深さ
そして、
切なくも悲劇的なメロドラマの気配を装いつつ、
このあたりもオゾンらしいわねぇ。
そこはかと涙を誘い、
観るものについついその気にさせて……

でも、でも、
オゾンがそんなセンチメンタルなドラマには仕上げるわけないじゃん。


ラストは、
しっかと、自分の足で歩く一人の女性の物語だった。

映画見ていて始めの方で思ったのが、ひょっとして、フランツはこの青年の恋人だった?!ってこと。
フランスからやって来た青年は何者?ってのがこの映画のキーワードなんだけれど、
彼が話すフランツとの思い出、ルーブル美術館で絵画を楽しむ二人や、ヴァイオリンを弾くフランツとそれを指導する青年の姿とかが映像で語られるんだけど、二人の姿とっても親密で、秘めた
恋っていう雰囲気。
だってそう思うのもオゾンの映画だもの。
トム・フォード監督の「シングルマン」や、グザヴィエ・ドラン監督の「トム・アット・ザ・ファーム」なども恋人を亡くした男を描いた物語。
「シングルマン」では恋人の葬儀にいけず、「トム・アット・ザ・ファーム」では恋人と言えず友人として葬儀に出席する青年を描いている。
いまにこの青年が両親や婚約者のアンナの前で思わず「フランツは僕の大切な恋人だった」って言い出すじゃないかしらって、ちょっとドキドキしながら見ていたりした。
だってオゾンの映画だもの。
まぁ、オゾン監督、見るものをあれやこれやとその気にさせて振り回してくれました。


そして、そしてアンナを演じた女優さん素敵でした。

ドイツに居た時のアンナ。
石畳の道をカツカツと脇目も振らず思い詰めているかのような規則正しさでもって歩いていたアンナ。
微笑むことも自らに禁じたかのように戦死した婚約者の喪に服するように日々を送るアンナ。

アンナを演じたパウラ・ベーア。
ドイツの女優。
日本の沢口靖子に似た面立ちの方。
b0309033_09512463.jpg


それがラスト。

オゾンマジックね。
愛と自由のパリの空の下
ルーブル美術館の床をヒールをはいて歩き、
青年が話していたエドゥアール・マネの絵の前で、話しかけられた男性ににこやかに応えるアンナ。
まっすぐに前を向いて微笑む彼女は、柔らかな美しさにあふれた一人の女性。

  しかし、この絵をモティーフに持ってくるなんて!
  オゾンだわねぇ。


テーマとしては「ブルックリン」に似てるかも
これはこれでステキな映画だったんですけどね。


本作は余分なものを削ぎ取った、とってもシンプルな映像。
それでいて情感がしっとりと漂ってくる。
というか、
情感に包まれたモノクロ映像というか、
そんな本作が好みだわ。

そしてモノクロ映像の中で、さらりと色彩を滑り込ませているのもニクイわねぇ。


この映画、友人を誘ってもう一度観に行ってもいいわねぇ。
ステキな映画をありがとう。

b0309033_09513096.jpg

Machi。
















[PR]
by machiiihi | 2017-10-23 09:59 | 映画

映画「パターソン」


有朋自遠方来不亦楽

もう!
もう!
ジム・ジャームッシュ数年ぶり新作。
ったく、「朋遠方より来たる」の思い。
久方ぶりにワクワクしながら、公開初日の土曜日にイソイソと!

b0309033_13572581.jpg
彼の卒業制作「ロング・バケーション」が懐かしく思い出されるなぁ。
この時の初々しさは数十年たった今も変わらず、
それでいて、ありふれた日常の、何気ない時、何気ない空気を映像に掬い取る感覚の
円熟された味

樽の中でじっくりと熟成されたような………

パターソン市に住むパターソン
バス運転手であり
そして詩人でもある
パターソン。


なんの刺激もないかのように見えた彼のありふれた日常が、
なんとかけがえのない
きらきらと輝くような
幸福にみちた時間であることを……

観終われば、
映画そのものが詩そのもの


b0309033_13093769.jpg
めちゃめちゃはまったものは
アダム・ドライバー演じるパターソン.


そして、
パターソンが飼っているブルドックの芸達者なこと。
それから、
白と黒しか受け入れないパターソンの妻の白黒センス
b0309033_13093064.jpeg
b0309033_13094527.jpg
b0309033_13103182.jpg


ジム・ジャームッシュの紡ぎだす
まるで
ゆったりと散歩を楽しむような、
なんとも贅沢な時間を楽しむために
来週もう一回観に行きましょう……



b0309033_13552487.jpg



ラストの永瀬(永瀬正敏)君とのこのツーショットが、
なんともはや、味わいがあって……
妙に現実味があって……


………
言葉にならないこの充実した思いを
………に込めて。

夏の終わりに
こんステキな映画に出会えるとは!



Machi。



[PR]
by machiiihi | 2017-08-28 14:09 | 映画

映画「光をくれた人」


b0309033_10342422.jpg
これがポスター
キャッチコピーは7割程度と思いながらも、
じんわりと心を打たれ、思わず涙ぐむシーンをあるでしょうと、
泣かせる映画ってのは好きではないけれど、
じんわりと鼻の奥がつんとくるのも悪くはないと、
そういう映画かなって思って、
ちょっとは期待したんだけど……


友人と二人公開初日、仕事帰りに観に行ってはみたものの……
普通の映画。
は~ん、こんなもん?って
ちびっと白けて帰ってきた。


あらためて、クリント・イーストウッドって映画造るの上手いなぁって思った。
「ハドソン川の奇跡」なんてのも、
結果は分かってるんだけど、公聴会のシュミレーションシーンでは固唾をのんで見守っていたし
思わず知らず画面に釘づけ
そして、
観終わった時には胸の奥からじんわりと静かに感動の波が押し寄せてきて
しみじみと
良かったぁ~って思えた。

「インびくタス/負けざる者たち」なんかも、じっと手を握り締めてラグビーの、あの試合を見守っていて、「
試合が終了したときは思わず涙ぐんでいた。

【光をくれた人」
台詞で語りすぎってとこもあったわねぇ。
レイチェル・ワイズは良かったわ。

最近の映画ってこんなものかしらね。


マチ。







[PR]
by machiiihi | 2017-05-29 10:50 | 映画

映画「彼とわたしの漂流日記」

日本公開は2010年。
まだ韓国映画にさほど興味をもって映画鑑賞リストに入れていなかった頃。
いやぁ、お茶の間シネマで大いに楽しませてくれたのだから
スクリーンで見たらもっと良かったことでしょうね。

借金地獄の人生に絶望して橋から漢江に飛び込み自殺した一人の男。
しかし運よく可、運悪くか、漢江に浮かぶ無人島に漂着。
泳げない彼のサバイバル生活が始まった。

どっからこんなユーモアが生まれたんだろうと思うほどに、
思わず笑ってしまう無人島での彼の生活。

本当に味わい深い役者さん。
飄々とした役から、武骨な役から、凄味のある役から、静謐な役から……
気負うでもなく、すっとその人物になりきっている。


「さまよう刃」を見たのも
本作を見て、ネットフリックスで彼の他の出演作を検索して。


b0309033_16102524.jpg
b0309033_16103503.jpg

そんな彼の姿を
対岸のマンションの一室で引きこもっているひとりの女性が、カメラのファインダー越しに見つける。

b0309033_16102996.jpg

世間からはじき出され、世間との関わりを拒んだ「彼」と「わたし」の奇妙な出会いが始まった。
そして、
なんて優しく心が仁割温まる力を与えてくれるラストシーン。
これは是非見てほしい作品。

こんな素敵な映像を生み出せる国民なんだって実感。
b0309033_16110211.jpg
マチ。


[PR]
by machiiihi | 2017-05-22 16:32 | 映画

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

ケイシー・アフレックがオスカーを受賞した作品。
彼は、良い演技するなってかねがね思っていたかたオスカー受賞は喜ばしく、
本作を見るのを楽しみにしていた。

b0309033_11413427.jpg

観終わった後の感想は、

もっともっと素直に描いた方が良かったかも…って思うな。

明るかった過去の彼と
人との接触を避け、咎って生きている今の彼
そんな対照的な姿をみせようとしたのだろう、
二つの時間を交錯させた映像はどうかすると見ている側の感覚が分断される。


ポスターなどはかつては夫婦だった二人を出しているけれど
終盤の二人の会話もあえて必要ないのではって思う。


b0309033_11395793.jpg
それよりも
叔父と甥のこの姿



b0309033_11395162.jpg
「ダメなんだ。
 乗り越えられないんだ。
 辛すぎる。」

この言葉を自ら口にできるようになった、
漸くに自らの過去と向き合えるようになった、
一人の男の、再生物語とでもいえるかな。


情緒たっぷりの音楽流れるラストの映像を見ながら、
やっぱり、もっと素直に描いた方が、て思う。
そしたらケイシーの静かな演技がもっと映像に染みわるのにって思う。
b0309033_11400444.jpg
マチ。





[PR]
by machiiihi | 2017-05-22 13:24 | 映画

映画雑感~「さまよう刃」

先日見た韓国映画「トンネル」の感想の最後に、
韓国映画をみていると、日本映画がとっても不必要に冗長過ぎて、説明過多、感情的に喚きすぎって思う。
って書いて
映画「さまよう刃」のことも書いたけど……
やっぱりこれは別記事でアップした方がって思ってこちらに移動。
映画の内容については書いてないけど思ったことをちらちらと書いてみる。

b0309033_11182475.jpg

先日お茶の間シネマで
東野圭吾原作の映画「さまよう刃」を見た。
日本と韓国どちらでも映画化されていて、見たのは韓国映画の方。

日本映画は娘を殺された父親役に寺尾聡。
きっと彼の演技は感情を抑えた素晴らしい演技だろうなって思うけど、
韓国版「さまよう刃」を見た後だから、つい比べてしまう。
日本版の冒頭シーンで「あっ、これは違うわ」って思ってスルーした。

韓国でも東野作品は人気なんでしょうか。
日本でも映画化されたものが韓国でも映画化されている。
「白夜行」「容疑者Ⅹ」そして「さまよう刃」

好みとかもあるだろうけど
私的には3本とも韓国版の方が面白い。
かなり脚色しているには韓国版の方で、日本版の方が原作に忠実に映画化してると思う。
けれど、
原作が醸し出す空気、表情がひしひしと伝わってくるのはなぜか韓国版の方。


一概には言えないけど
日本映画って状況を描き、
韓国映画って人にとことんフォーカスして、人間を描いている。
そう感じるなぁ。


「映像で語る」ということにこだわって映画を作っているなって思うのが韓国映画。
そう思うな。
映画雑感だったかな。



b0309033_11180607.jpg
マチ。


[PR]
by machiiihi | 2017-05-20 13:00 | 映画

映画「トンネル~闇に鎖(とざ)された男」

叔母と洋食屋さんに行ったその前に見た映画が、公開初日の韓国映画「トンネル」
サブタイトルは「闇に鎖(とざ)された男」

上映館はシネマート心斎橋。
「トンネル」を見そう出ない女性客が多いなぁって思ったら、もう片方の劇場でイ・ジュンギ主演の「シチリアの恋」が上映されていて、女性客は皆さんそちらの方に。
「トンネル」上映のこっちは男性客が目につく。

b0309033_10455867.jpg


手抜き工事が原因で、崩落したトンネルに閉じ込められてしまった男。
その妻。
そして救助隊の隊長。
この3人が主な登場人物

その他
無責任に群がる報道陣や人命第一とそろばん勘定の二枚舌の政府官僚たちの姿をシニカルに描き、
絶望的な状況ながらもユーモラスなシーンもあり、

主演のハ・ジョンウ
妻を演じたペ・ドゥナ
救助隊長役のオ・ダルス。


役者が揃ってる。
みんないい大人の顔してる。
韓国映画をみてると
ほんと
つくづく思う
大人の顔しているなって。
だからかな、映像にとっても説得力が生まれる。

トンネルに閉ざされた妻を演じたハ・ジョンウはもちろんだけど、
妻役のペ・ドゥナがとりわけ良かった!
もともと彼女が醸し出す空気感が好き。
雰囲気とも違うし、オーラといった強さとも違う、
空気感。

改めてこの映画でも、彼女から静かに放たれる
存在を感じさせない、
それでいて彼女の一つ一つの動きや、彼女がみせる何気ない表情が、映像を見る者の目にしっかり刺さってくる。
b0309033_15293499.jpg

b0309033_10500599.jpg
b0309033_10461379.jpg
ラストシーンの、ちょっと短めのカーリーヘアーのベ・ドゥナの晴れ晴れとした可愛さったら!
ハ・ジョンウ、オ・ダルスそしてぺ・ドゥナ。
この3人の役者が見事に化学反応して生まれたこの作品。
犬君もいい味出してた。

テーマや内容は違うけれど、
主人公の置かれた絶望的な状況、
無責任に人道主義を唱えるマスコミ
何の役にも立たんUNなどなど
ボスニア紛争を題材にした「ノー・マンズ・ランド」に似ているかも。

マチ。







[PR]
by machiiihi | 2017-05-13 22:00 | 映画

映画「追憶」

GWの土曜日の朝
「サワコの朝」のゲストが岡田准一君。
で、
やっぱり
観る予定じゃなかったけど、
その気になってしまって、
駅前のイオンシネマまで自転車走らせて見に行って来た。
b0309033_11293134.jpg

「映画、どうだった?」
って訊かれたら
「う~ん、オーソドックスにフツウ~」って答えるしかないかな。
それと気になったのが、
音楽が映像を煽りすぎ、盛り上げすぎで……
もっと抑え気味に使って欲しかったなってのは私の感想。
劇場の音響調節もたぶんに影響してるんだろうと思うけど……
逆に音楽はほとんど効果音レベルでも良かったんじゃないかなって気もするな。


でも出演している俳優たち
岡田准一君に、小栗旬君に、柄本佑君に、安藤サクラちゃん……
みんな30代。
サクラちゃんと佑君はなったばかりか。
でもいい味出してた。
岡田君は勿論だけど、
小栗旬は
これから中年になるにむけていい役者になっていくだろうなって思う。
そんな雰囲気を醸し出してた。
b0309033_11292293.jpg

大人の顔した
大人の味の出せる
そんな役者たちが作り出す日本映画に期待。
そんな気持ちにさせられた彼らの演技。
それだけでもチケット代だして映画館までいった甲斐があったかな。


そして、そして
最後に。
映画タイトル「追憶」
このタイトルで脳裡に浮かぶのはやっぱりシドニー・ポラック監督のこの映画
この二人
そして
あの音楽。
バーブラ・ストライサンドが歌う「追憶」
b0309033_11304341.jpg
マチ。




[PR]
by machiiihi | 2017-05-08 11:42 | 映画