ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

カテゴリ:徒然に( 46 )

4月になれば……

4月になれば、
こんなはんなりした桜色をみると、
やっぱり
こころが浮き立つ


昨夕
大川沿いの桜。
朝はうんともすんとも無かったらしいけど、
昼からの陽気で一気に花開いたみたい。
b0309033_09552850.jpg
b0309033_09553508.jpg
b0309033_09554764.jpg
b0309033_09554162.jpg
週末は、叔母と私と、そこに実家の母もいっちょかみして
フィギュアスケート世界選手権お茶の間観戦で
電話とメールがいったりきたりのジェットコースター状態で

昨日は夫が出張なさったので、
友人から「うちら勝手に羽生君優勝祝賀会やろう! 隣の喫茶店で焼きウドン奢るわ~!」ってメールきたもんだから
天満橋にある友人のギャラリーまでいそいそと寄り道。

女二人焼きウドン食べながら。
ネットにアップされている今回のフリーやらエキシビジョンの白鳥というよりも、凛とした丹頂鶴さんの舞やら、プレカンやら、帰国時のインタビュー映像やら、はたまた2012年ニース・ワールドの伝説のロミ・ジュリやら見ては盛り上がっての他愛ないもんですけどね。

しかし、まぁ
桜までウキウキ気分を盛り上げてくれて
ありがとう!


実はこの週末、
実家の母と叔母と妹の4人で
毎年恒例、京都まで筍料理を食べに行く予定なんだけど、
羽生君ショート5位の結果に
今回は表彰台も無理かも……って
筍料理の食事会もお通夜状態になってしまうやんって思っていたら……


優勝おめでとう! です。


それからアイスダンスのパパダキス・シゼロン組!
フリーはショート1位のカナダのテッサ・モイア組を押さえて1位に。
YOUTUBE動画で彼らのフリー演技何度見たことか!

結果テッサ・モイア組がトータル198.62で金、パパダキス・シゼロン組が196.04で銀、
そしてアメリカのシブタニ兄妹が185.18で銅。
バンクーバーオリンピックで金、ソチ・オリンピックで銀のテッサ・モイア組。
平昌オリンピックでは当然金メダルを目指しているだろうし、
2015.16年世界選手権2連覇の若いパパダキス・シゼロン組も当然表彰台の真ん中を目指しているだろうし、シブタニ兄妹もメダル争いに食い込んでくるだろうし
男子シングルの熱さは半端ないけど、
アイスダンスもかなりの熱さ。


4月1日の羽生君優勝で
心は春爛漫桜満開状態で
よろしいこと!

ホープ・アンド・レガシー

まさにレガシーになったヘルシンキワールド男子フリー。



4月8日からは
奴等の20年後を描いた「トレイン・スポッティング2」が公開だって。
なにやら嬉しいこと。
皆さん変らず健在は喜ばしい。
シックボーイも現代版ホームズしているしね。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-04-05 10:33 | 徒然に

忘れてた!お雛様

明日から3月!
2月は娘からの、「インフルエンザAに罹った」ってメールに、
大阪にいる私まで、なんだかインフルエンザになってしまいそうな気がしてきて、
ドアの向うでおチビちゃん達の声がすると淋しくってって、そんなメールにこっちもほろほろしてしまい、
幸い軽い症状で良かったけど、その間ずっと私も変な感じ。
でも翌週には、上のおチビちゃんがインフルエンザになったってメール。
気が気でない日々を過ごすうちに、
すっかり忘れてたお雛様。
娘の雛の節句に実家からお祝いの弾飾り。

嫁いだ娘のためにせっせと母してる私。
昨年は2月中旬に頑張って出したのよね。

昨年の写真
段飾りの写真は呆けてるけど…↓

b0309033_15113182.jpg
b0309033_15113521.jpg



今年は今から出す体力気力はないわねぇ。
せめて立ち雛だけでも出しましょうか。


これも昨年の写真↓
b0309033_15193719.jpg
こうやって飾ってもね、
何をどうしようが、夫も息子も知ってか知らずか
色気も華やぎもなくって愛想もないこと。



Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-02-28 15:18 | 徒然に

恙無く……

b0309033_09094214.jpg

半年振りのブログ更新。
日々恙無く過ごしていたのですけどね。
ブログアップしましょうというところまで、そういう気がちょっと薄れていただけのこと。
大学時代の先輩からの年賀状に、
「ブログお休みですね、再開してくださいね」ってメッセージがありました。
久々の更新で、こんなHappyな画像は嬉しい。



恙無く
最近、この言葉を口にすることが多くなったような…
これも年齢かしらね。

2月8日は私の誕生日
友人が日曜日の12日にお誕生会ランチをセッティングしてくれた。

デザートのお皿を運びながらお店のスタッフ全員がドリカムの歌を歌ってお祝いしてくれるのが、このお店のサービス。
ちょっと気恥ずかしいけれど、これは素直に楽しみましょう。


ドリカムがプロデュースのお店だとか…
大川沿いのお店。
b0309033_09095522.jpg
b0309033_09100129.jpg

b0309033_09100824.jpg





b0309033_09101496.jpg


テラスからは対岸には中之島公会堂や日銀大阪支店のクラシカルな建物が眺望できる。
ここは何所?
っって思う素敵なロケーション。


素敵な時間をありがとう。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-02-13 09:53 | 徒然に

あらっ、なんで~ こんなとこに~!

朝、口紅をつけようと化粧ポーチを開けると、
なんで~、
こんなところに~、
いつも仕事で使っているシャチハタネームが!

昨日の昼から、使おうと引き出し開けたら無い。
机と机の隙間、しゃがみこんで床、ファイルの間、あちこち探して見つからない。
ちょっと前に使ったのに
何時の間に行方不明に?
仕方ないから、ほとんど使わない訂正用の小さいシャチハタで代用。
出てくるだろうけれど、明日も見つからなかったら何かと支障をきたすので、昨日、仕事帰りに文具店でシャチハタを購入。

で、今朝、化粧ポーチを開けたら……!です。
なんで、
何時の間に、
私が入れたのだろうけれど、
記憶に無い。

つらつら振り返ってみるに
デスクで化粧ポーチを開けて口紅をつけた記憶はある。
口紅容器も同じ黒だから、無意識にそこいらにある黒の容器をさっさと入れてしまったのでしょうね。
きっと。
もう、や~ねぇ。
こっかラ先は書かずにおこう。

よくある日常のふとした一こま。
こういうこともあるんだというシチュエーションが一つ増えたことにしておきましょう。


マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-09-06 09:25 | 徒然に

青空

久しぶりの青空

b0309033_11205399.jpg


でも今頃は関東、東北は大雨でしょうか。
東北に上陸とか。




マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-08-30 11:22 | 徒然に

朝の風

庭植えの植物はいいとして、
外に置いている鉢植えの植物には毎日の水遣りが欠かせない。
ちょこちょこと門の前も掃きたいから、
庭のために30分、
遅くとも6時には起きる。


日中はほんとお陽様ギンラギラの暑さだけど、
この時間だと、お天道様も上りつつある頃だから凌ぎやすい。
とはいえ、どうかすると既にして太陽の熱気がることもある。
でも、
昨日の朝といい、今朝といい、爽やかな風が吹いて心地良いこと。
ホースで水遣りしていても、洗濯物を干していても、
なんて爽やかな……


この爽やかさ。
そろそろ秋が近づいている?
って思うのは気が早いかしら。
気象音痴なのでよく分からないけど、東日本の台風の影響かしら?


でも、昨日も最寄り駅で地上にでる階段上ってる時に、ちょっと前に比べるとすっかり薄暗くなっていると、
やっぱりもうすぐ秋って思うとホッとする。

9月は厳しい残暑なんだろうけど、
少しずつ日中の短さをふと感じると、暑いのももうちょっとって気持ちになる。


マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-08-24 09:52 | 徒然に

暑いのに~~

服を着るのがイヤだぁ~って、
ママが無理に着せようしたのがさらにイヤだぁ~って、
暑いのに、
ひとしきり泣き喚いていてた下のチビちゃん。
お兄ちゃんに比べるとと弟くんは、イヤなのは絶対にイヤって自己主張の強いこと。
b0309033_1026710.jpg


バアバは頑張ってプールを膨らませたりもしました。
b0309033_1035492.jpg


そんなおチビちゃんたちを新大阪まで見送りに行って、
静かな我が家に帰ってほっと人心地。
いつもの美容院まで一っ走りして、
ダンサー菅原小春ちゃんほどではないけれど、刈上げにしてって、テクノカットってやつね、キレイさっぱりカットしてもらって十数年前の髪形に戻りました。
b0309033_10222898.jpg
菅原小春さん画像お借りしてます
今日からお仕事。
いつものペースがいいみたい。


マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-08-17 10:25 | 徒然に

端午の節句

端午の節句ももうすぐ。
娘がおチビちゃん(♂)二人連れて我が家へ。
せっかくだからと、鎧を出す。
まだ婿にならず家にいたはる息子の鎧。
b0309033_13494512.jpg


今年はおチビちゃんたち、どんな反応するかしらね。


マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-05-02 13:51 | 徒然に

(続き) 4月が…4月が

「情熱大陸900回記念放送~羽生結弦~」で、ようようにフィギュアスケート・ボストンワールドショックから立ち直ったというに……

週末、花見の予定だった息子が風邪気味だからと外出を控え、冷えピタシートをおでこに貼ってた。

熱があるみたい
そうなん、お大事にね
なぁんて会話していて、
食事も普通に食べていた息子だけど
月曜日の昼過ぎに息子から
「熱が出てきたから早退して病院で診察待ち」っていうメール

続いて
「検査したらインフルエンザだって。
自分の部屋で隔離しときます」ってメールに驚く。

インフルエンザって我が家では縁もゆかりもないウィルス。
単身赴任生活が長かった夫は、罹らないように毎年インフルエンザの予防接種をしてるそうだけど、
私も息子も余計なウィルスは身体に入れたくねぇってところで受けたことなし。

帰ったら、息子はポカリとかミネラルウィーターとかレトルトのお粥とか冷凍のおうどんとか買い込んで部屋の扉締め切って2階の自室で隔離中。

症状が軽いインフルエンザB型とのこと。
それだけでも一安心。

私も家中でマスクし、あちこちアルコール消毒し、ビタミンC補給にイチゴを食べてみたものの、なんだか気持ち熱っぽいし、ウィルス纏わりついてそうだし、飲み会で遅くなる夫を待たずにさっさと早や寝。
何よりの幸いは翌日から週末まで夫が出張ってこと。
私一人の世話だけで済むのだから、これは全くありがたいこと。

とは言うものの、仕事中もなんか熱っぽくて、昼からはなんだかトロトロ眠いし……
誰がインフルエンザに罹ってたまるもんかの気合だけはしっかりもって
事務所近くの薬局で免疫アップを期待してクロレラ原液ドリンクに、キョーレオピンのカプセル一つ作ってもらって毎日飲み続け、夜は10時にはベッドにもぐりこみ、ひたすらご自愛の日々。

16日の土曜日は、母と叔母そして妹の4人で筍料理を食べに行く予定。

母と一緒に筍料理に行けるのは今年が最後かも……
毎年そう言いながら、毎年元気に食べに言っているんだけど…
それでも、来年は分からない。
「今年の夏がこせるか心配で…」
そんな言葉が母の口から出てくる。

写真はコース料理に加えて、今年もしっかり食べてきた筍の姿焼き
b0309033_101224.jpg


筍料理に行くまでは絶対に罹るもんか!で頑張って、
木曜日辺りかな、なんだか身体がとっても晴れやかな風に、何かがすこんと抜けたように感じられて、
午後には息子からも「熱がようやく下がったみたい。」ってメールが届く。

夕飯は、湯豆腐と薄味でお大根炊いたのを2階に届ける。
それまでは接触する機会を減らすべく、私がいない間に息子はレトルトお粥か冷凍ウドンを作ってたみたい。

来年からは、きちんとインフルエンザの予防接種を受けに行きましょうと思った。
もう若くはないのだから…
元気だけではいられないのだから…

つくづくと日々健やかに恙無くがどれほど有り難いことかってことがしみじみ思った、息子のインフルエンザ・ショック。


そんな時に、九州・熊本で起きた大地震のニュース。
日々恙無きに感謝です。


マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-04-20 14:18 | 徒然に

4月が……4月が…

ショック、ショックの4月が、気がつけばもう20日。
とどめのショックは九州の地震。

まずはショックの始まりは、3月末からアメリカ・ボストンで開催されたフィギュアスケート世界選手権。


男子フリーは日本時間で4月3日の朝からなので、PCのISUのリザルト速報サイトを横目で見ながら、延び延びになっていたお雛様の片付け。

年に一度の虫干しなので、天気のいい日、出かける予定がない週末、体調万全が優先なのでここになってしまった。


最終グループ
2番滑走
羽生君
心臓ドキドキのボルテージ上がりながらも、
怖いから、
なるだけPC画面を見ないで、見ないで、
時計見ながら、
ちらちら速報画面をぱっと見すれど
まだ速報更新されてない

もう終った? 終った?

リザルト画面のスコアに
頭固まった!
力抜けた
叔母に電話
電話の向うでも固まってる。
 
動画サイトにアップされている海外の実況も一様にショック状態みたいな……
ドイツの解説者だったかな
「一つ言っておきたい。彼はマシンじゃないんだ」って。

優勝当たり前、
300点越え当たり前
2度も更新した彼に、さらになんという苛酷な期待を勝手にしてたんだろう
12月に21歳になったばかりの一人の若者に

でもこれで優勝してたら……
ピョンチャンの前に潰(さ)れてるかも…
もっともっと狭い世界に自らを追い込んでいたかも…
と、赤の他人の叔母さんんながら、あれこれ気を揉むことしきり。

でも、それと同じくらいにショックなのは
まずハン・ヤンがフリー進めずのまさかの結果。
ショート終った後のキスクラでの彼の様子が痛い。
それからマキシム・コフトゥン。
フリー終了後のインタビューで不調を訊かれて「僕にも分からない」と呆然自失の彼の姿も痛々しくって。
ショート3位、フリー最終滑走のパトリック・チャンも、滑りながら泣きたかったんじゃないかな。
あの氷の状態。
ショートの後でも彼は改善を求めたとか。
ロッカールームで大荒れだったとか。

あんだけ氷が削れていくリンクの状態って……。
Jスポーツ解説の杉田さんも、氷が溶けている個所とそうでないところがあって、氷の状態が決して均一ではないこと。恐らく氷が柔らかい。そういう状態だとスケート靴が氷にはじかれる。
スピードを出す選手には非常に滑りにくいと、そう指摘されていた。
ハンヤンのジャンプの着地で失敗した時にも氷に弾かれるんですよねって言われていた。
ジャンプにはスピードが必要。
スピードがあり、しかもワンストロークが長いチャンや羽生君にとっては、今回の狭いリンクってのは…
壁にぶつかったチャンはさぞ苛立っただろうなって思うと……。

言いたかねぇけど、
パトリック・チャンもよほどきつかったんだろう
「この氷の状態じゃ…」って言ったのは心底本音だろう。

あれこれ波乱大有りの男子シングル。
優勝したハビエルの笑顔と、
「ユヅル、心配しなくても僕に勝つチャンスはこれから一杯あるんだよ」って、ハビエル兄ちゃんの優しさに救われる。
ハビエル兄ちゃんとブライアンパパの前では、思いっきり地団太踏んで、ったく手のかかる弟してるのも笑ってしまう。
b0309033_10435144.jpg


そんな男子シングルに対し、女子シングルで嬉しかったのはアメリカのアシュリー・ワグナーとロシアのアンナ・ポゴリラヤの台乗り。

アンナ・ポゴリラヤはソチ・オリンピックの後の世界選手権に出場していて、リプニツカヤに注目だったけど、私はポゴリラヤ選手のスレンダーで独特な雰囲気が気に入って、それから応援している、というより気になる選手。
彼女のコスチュームもそれぞれに個性的で気に入っている。
いつだったかエキシビジョンでのサイボーグみたいなコスチュームも彼女だからこそのセンスが感じられる。
あの頃よりも身長が伸び、ちょっと女性らしい体系になった、とはいえ世界選手権ではまだ17歳。
もっと大人びて見える。
少し大柄になった今回のボストン・ワールドでの彼女は、その肉体を通した演技には場を圧倒させるような迫力すら感じられ、それはショートを終え、フリーへと、そしてエキシビジョン「映画『ロマノフ王朝の最期』」では圧巻だった。
彼女ならではのプログラム。

そしてアシュリー・ワグナー。
ショート終った後、リンクで見せたこの彼女。
彼女を観ているとこっちも元気になれる。
フィギュア界のベッド・ミドラーってとこかしら。
b0309033_10401727.jpg


そして、Jスポーツでじっくり見たのはアイスダンス。
パパダキスとシゼロン。
20歳と21歳。
エキシビジョンプログラムなんて、日本人選手だったらどんだけ逆立ちしても振り回しても出せっこない官能オーラ。
でも、彼らより上の世代のスケーター達が醸し出す濃密な官能表現とは違う、風が吹きぬけるような軽やかさと瑞々しさがある。
シーズン前にパパダキスが練習中に転倒して脳震盪になったというニュースには驚いたけど、今季初参戦の欧州選手権でも昨年に続いて見事2連覇。
ボストン・ワールドでは更に素晴らしく、またまた2連覇。
会場も拍手さえ躊躇わせるような、彼と彼女の二人が醸し出す柔らかく静かな静寂の世界に会場全体が包み込まれる……
ただ、ただ、うっとりと見つめ続ける
そんな、パパダキスとシゼロンの演技。

採点表をみてもほぼ満点に近い点数が並ぶ。
羽生君がグランプリシリーズNHK杯そしてファイナルで叩き出したあの状態。
アイスダンスでも現行の採点方法が見直されていくでしょうね

そんなパパダキス・シゼロン組と互角の素晴らしさだったのは、アメリカのシブタニ兄妹。
兄アレックス24歳
妹マイア20歳
フランスの二人が人々をうっとりとさせるのに対し、アレックス・マイア兄妹は、見るものをHAPPYにさせてくれる。
b0309033_12555865.jpg

今季の彼らのブログラムもショート、フリーともに素晴らしくってお気に入り。
どちらにも優勝して欲しかったくらい。
b0309033_12553544.jpg

それから姉のキャシーの引退で新しくパートナーを組んだクリス・リードと村元哉中。
クリスが一皮向けたような爽やかで、大人の優しさのようなものが感じれいい雰囲気。
きっと新しいパートナーである村元さんとの波長も合ってるんだろう。
見ていても微笑みたくなるような明るさのある二人。
応援したくなる二人。
b0309033_12544821.jpg

アイスダンス、全滑走者放送のJスポーツで堪能しました。

素敵な演技をみせてくれるカナダのケイトリン・ウィーバーとアンドリュー・ポジェ組の、まさに正統アイスダンスともいうべきコスチュームとプログラムが、なぜかとても重く感じられた。

アイスダンスも若い世代が新しい風を吹き込んでいるような気がする。


来季の男子出場枠3枠確保は日本だけという結果は喜ばしいことなんだけど、キスクラでのショウマ君の涙も含めそれ以上にショックも大きく、悲喜こもごもだったフィギュア2016年世界選手権。

4月10日放送の「情熱大陸900回記念放送~羽生結弦~」見てようよう落ち着いてきたと思っていたら……
次の一週間はなんという一週間になってしまったことでしょう。

さらりと備忘録的に綴るつもりだったのが、フィギュアスケートだけでもずいぶんと長くなってしまったので、
小休止
続きは後ほど……


お時間ありましたらこんな記事もどうぞ……

→スポーツ見るもの語る者フモフモコラム「孤独を妨げないように配慮された羽生結弦氏の情熱大陸を見て、風呂とかケツを期待した自分を痛切に反省するの巻。」

さらにこんなコラムムもなかなかに面白い
→羽生結弦が『情熱大陸』の「感動の文法」にハマらなかった理由




マチ

お写真お借りしております
[PR]
by machiiihi | 2016-04-20 09:25 | 徒然に