ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

ダリ展at京都

台風の影響もあるのでしょうけど
朝夕がようやく涼しい風が吹き始め、
夜風もまた心地良く、
仕事を終え、最寄り駅の地下鉄の階段を上がるとすっかり夕暮れ。

京都は暑いよなぁ~ってウダウダしている間に会期終了ギリギリになってしまったダリ展に、9月3日土曜日に行ってきました。
京都市美術館までは、四条から歩いていくのが専らだったけど、今回はまだまだ暑い最中なので京都駅から初めてバスに乗りました。
京都はバス路線が充実してるから海外からの旅行者も地図を片手にバスで移動。
日本語以外の言葉もあちこちから。

b0309033_9214126.jpg


私ごときが今更ダリについて何を語りましょう。
サルバドール・ダリ。
この方って
ほんと天才だと改めて思う。
この方の頭の中って……
尽きることのない湧き出づる泉のごとく……
どこから、どうして、こんな風に……
そして精密画のような緻密さと、豊な色彩。

あれもダリ、これもダリ、そしてそして、こっちもダリ


展示の最初は、14歳、あるいは16歳ごろのダリが描いた油絵から。
そして
ダリ19歳の作「キュビスム風の自画像」で始まる<モダニズムの探求>
そしてダリの代名詞のように言われている<シュールレアリズムの時代>
最愛の妻柄との出会い<ミューズとしてのガラ>
そして戦火を逃れた<アメリカへの亡命>
とダリの世界が広がっていく。
そして
<ダリ的世界の拡散>の世界では、舞台デザイン、コスチュームのデザインそして挿絵。
壁面の上部でダリがデザインした舞台の映像が映されているのも面白い。
「不思議の国のアリス」は原作を知っているだけに、そのダリの描く挿絵はことさらに興味深い。
そして精細かつ繊細な彼の彫金作品。
彼のフィルターを通るとこんな世界になるのかと、ここでも彼の頭の中を覗き見たくなる。
見たところで分からないだろうけれど……

そして<原子力時代の芸術>
そして彼の晩年の作を展示した<ポルト・リガトへの帰還>

奇才と呼ばれた彼の生涯を、その作品を通して垣間見た展覧会。
ダリといえばどうかすると、このポスターみたいな風に、ダリ≒シュールな世界≒奇想天外みたいな風に捉えられ語られてることも多いけど、
作品を見ていると、私の後ろの二人連れの若い女性の会話が聞こえてくる。
「なんか、ダリっぽくないわねぇ。」
「騙し絵に似てるよねぇ。」
って風に。

「奇」って修飾語は辞めて欲しいものだわう。
この方って、とっても繊細で、そしてやっぱり天才なんだわって思う。

最後はダリが関わった映像作品3本。
監督:ルイス・ブニュエル、脚本:サルバドール・ダリ「アンダルシアの犬」(1929年・15分40秒)
監督:アルフレッド・ヒッチコック、幻想シーンのデザイン:サルバドール・ダリ「白い誘惑」(1945年)
そして舞台装飾と衣装デザインをダリが手がけたアニメ作品「デスティーノ」(1952年)
アンダルシアの犬は全編。ほかの2作品はダリが関わった部分のみでしょう。数分間の映像。


シュールな世界だけじゃないよのダリ展。
暑いけど頑張っていって良かったダリ展でした。
次は東京で開催のダリ展。


マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-09-05 09:52 | 展覧会

青空

久しぶりの青空

b0309033_11205399.jpg


でも今頃は関東、東北は大雨でしょうか。
東北に上陸とか。




マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-30 11:22 | 徒然に

東洋陶磁美術館

川が見えるここからの眺めが好き。

2階に上がる階段途中の踊り場から。
展示室から展示室へ。その途中のラウンジから。
東洋の陶磁器を眺め、そして川が眺める。
ここはお気に入りの美術館。

b0309033_14112746.jpg
b0309033_14114413.jpg


→東洋陶磁美術館


マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-29 14:12 | お気に入り

映画「イレブン・ミニッツ」

女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、強盗に失敗した少年など、現代の大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬。午後5時から5時11分まで、わずか11分の間にそれぞれの人生が絡み合い……。
11分の間の出来事という設定と予測不能なラストが見どころ。
というのがこの映画のキャッチ

b0309033_114769.jpg
b0309033_1141877.jpg


監督はイェジー・スコリモフスキー。
ロマン・ポランスキー監督作品で、私のお気に入り映画の一つ「水の中のナイフ」の脚本家でもあり、
前作のヴィンセント・ギャロ主演の「エッセンシャル・キリング」なども私の好きなテイスト。


で、本作
う~ん、
どう観ようかな~~
監督の実験的な取り組み、意欲作ってところなのかな。


ただ、予測不能ってことなんだけど、
まぁ、日常よくあるちょっとした、どっちかいえばお笑いネタにでもなりそうなことが引き金で連鎖反応を引き起こす……
予め決められた(もちろんフィクションだからストーリーに則ってるわけなんだけど)というか、とってつけたようなラスト展開で……
思わせぶりっぽいのも、なんだかなぁ。
って、そんな風に私には見えてしまいました。


私的にはポール・トーマス・アンダーソン監督の「マグノリア」(1999年)
ロサンゼルスを舞台に、一見関係のない男女9人の24時間を描く群像劇で、突如カエルの雨が空から降ってくるというラスト。それが引き金で、彼らの凝り固まって人生が、時間が突如風穴があいたように揺れ動かされるという、なんとも衝撃的な幸福とも呼べるこんなのは好きだなぁ。
b0309033_1051956.jpg


それからアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの初監督作品「アモーレスペロス」(2000年)
無関係な3つの物語が、突然の交通事故によって重なり合う……
これは大好き。
発展途上国のメキシコで制作費200万ドルでこのクオリティー!
やっぱりハリウッドもいいけど原点に戻って映画制作をって思ってしまう。
b0309033_10533564.jpg



マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-29 10:13 | 映画

東洋陶磁美術館・企画展「朝鮮時代の水滴―文人の世界に遊ぶ」

タイトルだけでも涼しそうよ。
行こう! 行こう! 
って友人からの誘いで、8月最後の週末に行ってきました。

でも週末は、このまま秋に~って思える位の涼しい風。
太陽の熱波を遮ってくれる曇天もまた嬉しい。



東洋陶磁美術館で開催されている
「朝鮮時代の水滴―文人の世界に遊ぶ」


水滴。
みずのしたたり。
静かな涼やかさが感じられる言葉と文字。
語感。
日本語っていいですねぇ~。
b0309033_14575284.jpg

b0309033_13352221.jpg


今も昔も、愛される文房具!
こういう展覧会に行くと、いつも、私だったらどれが欲しい?って目で作品を物色するのもお楽しみ。

朝鮮の古陶磁研究科でもある浅川兄弟の、浅川伯教(兄)の絵や巧(弟)の書籍なとともに紹介されている水滴も目を引く。
高橋伴明監督の映画「道〜白磁の人〜」は浅川巧の生涯を描いた作品。
b0309033_9562334.jpg


硯に水を注ぐ水滴は、筆、墨、硯、紙の文房四宝とともに文人の書斎を飾るものです。あくまでも実用品でありながら、文人たちの机のかたすみにひっそりと息づき、心を癒す愛玩品でもありました。
朝鮮時代(1392~1910)においては、その前期にも水滴の作例がありますが、18世紀に文芸復興の気運にともなって文人趣味が流行しはじめ、19世紀には水滴が数多く制作されました。
~中略~

本展では、館蔵品のなかから厳選した水滴126点に、筆筒、紙筒、硯などの文房具や燭台、煙管などの身辺の道具13点を加え、愛らしく美しい文房具の姿とともに、当時の文人たちの精神世界を紹介します。また、絵画や木工品約10点によって、近代以降、朝鮮陶磁への評価の高まりのなかで日本人が水滴に注いだ眼差しにも、あわせて光をあてます。当館では1988年に水滴展を開催して以来、じつに約30年ぶりに水滴の優品がそろう貴重な機会となります。その精華をぜひご堪能ください。(開催概要~)



ちょうど、ボランティアによる常設展の解説タイムに遭遇。
あらためてこうして解説していただくと、今までは何気無く観ていたものが、へ~っ、そうなんだぁ~って新しい視点を貰ったり、
これ!っと見極めた一つの陶磁器を手に入れるための安宅英一氏の奮戦エピソード等々も面白く、
また青磁器の展示のには特に自然光を取り入れていること、
だから、季節、天候によって青磁の色艶が微妙に違うことも教えていただいた。
鑑賞の楽しみが一つ増えたのも嬉しい。


どうかすると企画展だけで、常設展はスルーするのだけれど、今回は改めて常設展もじっくりと鑑賞。
心地良い風がもたらしてくれた「一滴<ひとしずく>」の時間。


最近は映画館よりも美術館のほうが馴染んでいる。
それもこれも観たい映画が無いから!
それに引き換え、そそられる作品展のあること!
あっ、ダリ展は来週まで。来週は頑張って京都まで!
ひさびさにあのビストロに行ってみようかしら。


……………………………………………………………………………………………………………
横道にそれますが、
滴り。
したたり。
そして京都、
といえば、
京都・亀廣永さんの涼菓「したたり」が頭に浮かぶ。
お写真お借りしてます
b0309033_13471149.jpg

b0309033_13472353.jpg
……………………………………………………………………………………………………………



マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-28 23:00 | 展覧会

今日のランチはカレーライス

b0309033_13143793.jpg


Yuriちゃんから電話。
ランチ友達のその友だちだったYuriちゃん。
ランチ友だちとは、彼女の家がお商売をクローズしたもんだから会う機会も減ったけど、
Yuriちゃんとは結構連絡くれたりして、最近は彼女の方と近しくって、今日も職場から一駅先に住んでるから、こうして電話があって一緒にランチしたりする。


いつものお店は水曜日のランチはお休みなので、
そういう日は、ここのカレーライス。
ビーフカレーの小さいサイズで、ミニサラダもついて520円。
お肉もちゃんと入っていて、お店手作りだから美味しい。
食後のコーヒーはいつもの喫茶店で360円。
なんだかんだのお喋り。
私のお役目は、きっと、彼女の背中をちょっと押してあげること、かな。
今日もそんなことを一つ、二つ。

今日の彼女のワンピースはブルーの地に、淡いグレーで縁取りした白い花柄。
お袖も方のところでタックを取って上品なこと。
素敵ねって言ったら、お祖母さんの洋服だって。
道理で。
生地は綿ローンみたい。青の色味も、花柄の描き方も、仕立てもやっぱり昔のは上物だわって思う。
写真撮っておけば良かったって今頃気がついた。


マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-24 13:30 | 美味しいもの

朝の風

庭植えの植物はいいとして、
外に置いている鉢植えの植物には毎日の水遣りが欠かせない。
ちょこちょこと門の前も掃きたいから、
庭のために30分、
遅くとも6時には起きる。


日中はほんとお陽様ギンラギラの暑さだけど、
この時間だと、お天道様も上りつつある頃だから凌ぎやすい。
とはいえ、どうかすると既にして太陽の熱気がることもある。
でも、
昨日の朝といい、今朝といい、爽やかな風が吹いて心地良いこと。
ホースで水遣りしていても、洗濯物を干していても、
なんて爽やかな……


この爽やかさ。
そろそろ秋が近づいている?
って思うのは気が早いかしら。
気象音痴なのでよく分からないけど、東日本の台風の影響かしら?


でも、昨日も最寄り駅で地上にでる階段上ってる時に、ちょっと前に比べるとすっかり薄暗くなっていると、
やっぱりもうすぐ秋って思うとホッとする。

9月は厳しい残暑なんだろうけど、
少しずつ日中の短さをふと感じると、暑いのももうちょっとって気持ちになる。


マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-24 09:52 | 徒然に

庭の一隅

我が家の庭のトクサ。
雨後の筍みたいにすくすく伸びすぎて……
金木犀の葉っぱのとこまで届いている。

その下のツワブキ君。
私が家に帰る頃には日中のこの暑さにやられて、
いっせいに地面にへたり込んでる事でしょう。
b0309033_13211243.jpg



マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-22 13:25 |

Leonard Foujita藤田嗣治展

兵庫県立美術館で開催されている
「生誕130年記念 藤田嗣治展 東と西を結ぶ絵画」と銘打ったレオナール・藤田展。
b0309033_10522815.jpg

http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1607/detail.html

暑いけど、
土曜日の朝からめげずに行ってきました。
でも、やっぱり暑かった。


展示数が約120点。
これは見逃してはいけないと、
足腰丈夫な内に絶対に見に行くべきよ!って
母の妹、5番目の叔母を誘ったら、
そしたら、神戸に住んでいる3番目の叔母も「私も!」って手を挙げて、
3人で行ってきました。

最寄り駅から徒歩約10分
歩いていける距離だけど、この暑さ。
80代の3番目の叔母を気遣って、三宮からタクシーで行きましょうって提案したら「歩いても知れてるわよ」って。
渡るべき横断歩道の信号が青だったから、急がずに待ちましょうかって言ったら、「走るわよ」って。
我が母に負けず元気なこと。

以前、京都の美術館で見たのは生誕120周年の時だったのね。
その時と重なる作品もあったけれど、初めての作品も多く
暑いけど頑張ってきた甲斐があって充実の時間。


最初の数点は、渡仏した頃の、彼の葛藤が伝わるような暗い色調の絵画に驚く。
そして展示されている絵画を鑑賞しながら、一人の画家の歴史と共に歩いていく。
そして藤田の絵画の楽しみの一つは、そこに描かれているファブリックの絵柄、装飾品、少女の胸に掛けられたペンダント、壁に掛けられた絵皿、小さな窓の一枚の赤いカーテン、質感などなど、髪の毛の一本一本にまで彼の感性を隅々まで存分に味わえる。


月曜日の今日は休館日
明日23日からは後期展示となって、一部作品が入れ替わる。
9月になったらもう一度見に行くつもり。


私たちが開館時刻10時に訪れたからかしら、
しかし、120点の展示だというに
週末なのに訪れる人が少なかったこと。
ゆっくり見れたのは良かったけど
反応が鈍くないって思う。

美術館の地の利もあるのかな?
遠いし、ここだけだものね。
よほど魅力的な展示でないと集まらないのかしら。
ムーミン展の時は盛況だったとか。
レオナール・藤田の絵画はそれ以上だと思うんだけどね。


二人の叔母もとっても喜んでくれて、
こんな機会はもうないからと、館内のフレンチレストランでランチをご馳走してくれた3番目の叔母は、
「藤田って言えば裸婦とネコの絵しか知らなかったから、良かったわ。
誘ってくれなかったら一人だったら遠いから来てなかったわ。
ありがとう」ってとっても喜んでくれたし、
5番目の叔母も別件で夜に電話したら「お風呂に入りながらしみじみ振り返って良かったわ」って。


そうそう
神戸の叔母に教えられて初めて知ったのだけど
この兵庫県立美術館は65歳以上は入館料は半額。
私はちょっとのところで届かずだったけど、叔母二人は高齢者の恩恵を受けて700円。
全ての美術館で同じような特典を設けているわけではないけれど
将来に備えて要チェック事項。



マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-22 09:51 | 展覧会

暑いのに~~

服を着るのがイヤだぁ~って、
ママが無理に着せようしたのがさらにイヤだぁ~って、
暑いのに、
ひとしきり泣き喚いていてた下のチビちゃん。
お兄ちゃんに比べるとと弟くんは、イヤなのは絶対にイヤって自己主張の強いこと。
b0309033_1026710.jpg


バアバは頑張ってプールを膨らませたりもしました。
b0309033_1035492.jpg


そんなおチビちゃんたちを新大阪まで見送りに行って、
静かな我が家に帰ってほっと人心地。
いつもの美容院まで一っ走りして、
ダンサー菅原小春ちゃんほどではないけれど、刈上げにしてって、テクノカットってやつね、キレイさっぱりカットしてもらって十数年前の髪形に戻りました。
b0309033_10222898.jpg
菅原小春さん画像お借りしてます
今日からお仕事。
いつものペースがいいみたい。


マチ。
[PR]
# by machiiihi | 2016-08-17 10:25 | 徒然に