ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

映画「哭声(コクソン)」

上映館のシネマート心斎橋では3月を最強韓国月間と銘打っている。
そりゃそうでしょう。
先週はパク・チャヌク監督の「お嬢さん」が公開。

そして11日からはナ・ホンジン監督の本作「哭声(コクソン)」
「チェイサー」でわお~!っって思わず叫び、
「哀しき獣」で見事にノックアウトされてしまったナ・ホンジン!
日本の國村準さんを引きずりこんで、今度はどんな映像を私に突きつけてくれるのか!

そして、
18日から公開は「アシュラ」
キム・ソンス監督作品は未見だけど、チョン・ウソン、ファン・ジョンミン、チュ・ジフンそしてクァク・ドォンといった脂の乗りきった40代揃い組みのこの面々は魅力でしょう。


さて本作「哭声」 →詳細はallcinemaで


こんな長閑な村で突然起きたおぞましい殺人事件。
物語はそこから始まった。
b0309033_10580568.jpg
クァク・ドゥオン演じる警官ジョングによって表出される、人間のもつ怒り、恐れ、不安、傲慢といった負の感情が渦巻き、
ファン・ジョンミン演じる祈祷師の漫画チックとも思えるほどのエキサイティングな祈祷が、さらに映像を加速させ、
目の前で繰り広げられる、このどんどんと様相が変わっていく展開に、ただただ息をつめて見続けるしかないという、映像のもつこのパワフルな説得力。

b0309033_10582254.jpg
映像が放つパワー、感情が、見るものを否応なく映像世界に引きずり込む。
この一体感は映画的快感でもある。
猟奇殺人事件を描いた「チェイサー」でわぉ~って思ったのもこの一体感。
「哀しき獣」では、訳が分からないけれど、やばい状況に落ち込んでしまった主人公が夜の街を必死にひたすら走り続ける崖っぷちの疾走感。
そしていつの間にか映像世界に引きずり込まれ、主人公と一体となっている私がいる。

よそ者として登場する國村準演じる日本人。
彼にここまで演じさせたナ・ホンジン監督。
そして演じきった國村準。

b0309033_10583058.jpg

b0309033_10583397.jpg
映像の中の國村準さんを見ていると、
ナ・ホンジン監督作品が放つ映像パワーは、登場する役者それぞれの演じる者として力を最大限に引き出し、さらに未知数部分さえも、腹の底から引きずり出すからじゃないかなって思う。

こんな映画を見せつけられる、今の日本映画って、役者に対してずいぶんともったいない使い方をしてるなって思う。



そしてこの映画に登場する子役、警察官ジョングの娘で小学生のヒョジンを演じたキム・ファニの演技が凄い。
演じてます的なわざとらしさがなく、
おませで明るい普通の少女を演じ、
悪魔に憑かれたあとのふてぶてしさ、
悪魔払いで身をのけぞらせ、
映画では、負の感情が渦巻く中にあって、唯一の光、ジョングにとってひたすら守るべき者として存在するヒョジン。
そのヒョジンを見事に演じきったこの少女には脱帽。

b0309033_12492374.jpg

このキム・ファニだけではなく、韓国映画やドラマをみていると子役の演技、彼らの素朴で自然な演技に眼を瞠ることがしばしば。
ドラマなどは最初の2.3話は子役だけでひっぱる場合も多く、思わず感情移入することもしばしば。「宮廷女官チャングム」なども、チャングムの子ども時代を演じたあの子役の演技あってこそとも思う。


祈祷師を演じたファン・ジョンミン。
ファン・ジョンミンが祈祷師? 主演蔵じゃないの?って思ったけど、
悪魔払いの神がかったというか、芝居がかったというか、こんなエキサイティングで有無を言わさぬ空間を作り出せるのは、やっぱりファン・ジョンミンでしょう。
祈祷師ファン・ジョンミンVS悪魔とされる國村準
それぞれがそれぞれの場所で行う二人の祈祷対決はこの映画の大きな見せ場。
國村準の迫力に対抗できる、しかも祈祷師というどこやら胡散臭さ(?)も醸し出せるといえば、ファン・ジョンミンでしょう。


b0309033_12490385.jpg
b0309033_12491448.jpg

いやぁ、最強韓国映画です。
ある意味、おどろおどろしさだけで、見るものを2時間半映像にしっかりと釘付けにさせたともいえる本作。
本作を撮ったナ・ホンジン監督、
圧倒的な説得力で観るものを惹きつけた役者たち。


またまた元気を貰いました!



Machi。







[PR]
# by machiiihi | 2017-03-12 11:16 | 映画

映画「遊びの時間は終わらない」

こんな楽しい面白い映画があったんですねぇ
★★★★★

Netflixのリストを繰ってたら、
韓国映画「正しく生きよう」(2007年)って面白そうなタイトルがあって、
作品概要を読むと…
多発する銀行強盗で不安が高まる。
警察署長は信頼を得ようと強盗の予行演習を行うことに。
ところが超真面目な巡査のあまりにも完璧な演技で、演習は思わぬ方向へ……
なにやら面白そうな予感のする映画。


キャスティングなど知りたくてネット検索すると、
この作品は1991年公開の邦画「遊びの時間は終らない」のリメイク作品で、完璧な強盗役を演じる主役はもっ君こと本木雅弘。
しぶがき隊解散後、彼が本格的に役者活動を始めた頃の作品。

これはもっ君出てるこっちを見なければと検索すると、こちらもNetflixで配信してた。
横道だけど、ネットフリックスといい、フールーといい、動画配信サイトの最近の充実ぶり!

監督はタイトルだけは良く知っているけど見たことがない「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズの萩庭貞明監督。

キャスティングだけ眺めても面白そうな予感全開の面々。

もっ君この時25.6歳。

ええ目つきしてます。

ええ面構えしてます。


b0309033_15533815.jpg

b0309033_15532750.jpg

この映画、ウィキペディアのストーリーをお借りするとこんな内容。

ある日、警察は国民のイメージ上昇を狙って筋書きの無い防犯訓練を行うことにした。しかし銀行強盗役に選ばれた警官・平田(本木雅弘)は、まじめで全く融通のきかない性格だった。彼は大真面目に強盗計画を立案して犯人役を遂行。すばやく平田を検挙するはずだった警官がドジを踏んで平田の持つモデルガンで撃たれ死人扱いとなってしまったことから、人質とともに銀行に篭城する破目に陥る。しかもこのことが、お祭り志向のディレクター(萩原流行)によってテレビ中継されることになってしまい、銀行の前には大量の野次馬が殺到。適当に落ちをつけてなんとか穏当に訓練を終わらせようとする警察の意図は次々とくじかれ、防犯訓練は前代未聞の先が読めない展開となってしまった。誰がどうやって幕を引くのか……

しかし、この映画の面白さはやっぱ映画観ないと分からないなぁ。

b0309033_15560425.jpg

もっ君が良かったのか、監督の演出が良かったのか、
三谷幸喜作品よりももっと素直にケラケラ思わず笑えたわ。



Machi。



[PR]
# by machiiihi | 2017-03-10 15:58 | 映画

こうの史代「この世界の片隅に」

いまもまだ上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」の原作を読む。

映画公開時に息子が「漫画だけどとてもいいよ」って貸してくれたもの。
活字物があれこれあって、映画観終わった後もこちらを読むモードに切り替わらなかったけど、
ひょこっと間が空いて読んでみようかという気になって……


前編の表紙をめくると
「この世界のあちこちのわたしへ」の言葉が。


「のん」こと能年玲奈さんの「すず」の声が耳の奥で甦ってくるような……


すずが、道に迷って紛れ込んだ遊郭。
そこですれ違った一人の遊女白木リン。
映画ではさらりと描かれているだけだったけど、
リンにもこの世界の片隅でリンの人生の欠片だけど描かれている。


「誰でも何かが足らんぐらいで
この世界に居場所はそうそう
無うなりゃせんよ
すずさん」



「ほいでも
なんで
知らんでええことか
どうかは
知ってしまうまで
判らんのかね」
すずの言葉に、生きていくということのしんどさが……


後編でも「すず」の人生の一片とと「りん」のそれとが交差する。


そして水原哲
海軍士官兵となってすずの前に現れた哲
「わしはどこで人間の当たり前から外されたんじゃろう
それとも周りがはずれとんのか。
ずっと考えよった」

「じゃけえ
すずが普通で安心した」
「ずうっと この世界で普通で…まともで居ってくれ」
そんな哲の言葉を普通に黙って受け止めるすず


姪の晴美を失い…
右手を失い…

「生きとろうが
死んどろうが
もう会えん人が居って
ものがあって」

「うちしか持っとらん記憶がある
うちはその記憶の器として
この世界に在り続けるしかないんですよね。」

のんの声と重なってすずの声が聞こえてきそうな……
やっぱり原作も読まないと
この映画は
そう思います。



b0309033_15283567.png
で、映画化にあたって、どれを、何所まで斬り捨てるかって
至難の業だがってこの原作を読んでしみじみ思う。

画家がどこで絵筆を置くか…それが名作と駄作の分かれ道だとか。
凡人はつい手を入れすぎてダメにしてしまうんだそうだ。
高校で美術部の顧問だった先生の話を思い出す。



Machi。


[PR]
# by machiiihi | 2017-03-09 15:29 |

今日のランチ

いつものお店でいつものランチ。
でも月曜日と水曜日はランチはお休み。
数量限定に加え、最近は新参者が増えて、
どうかすると「すみません。売り切れました。」ってことも。
だから頑張って早足でお店に向う。


久々に撮ってみる。
さっき食べてきたお昼ご飯。
b0309033_14203962.jpg
b0309033_14190678.jpg


美味しく食べて、身体もあったまって、
ぴゅんぴゅん吹く風にも負けるもんかで事務所に戻ってきました。


Machi。

[PR]
# by machiiihi | 2017-03-09 14:24 | お気に入り

六田知弘さんの写真展

奈良の御所(ごせ)市にて
場所は赤塚邸。
築3,4百年になる個人宅にて開催。

赤塚邸。
私のランチ友達つながりの友だちYURIちゃんのご実家。
大阪に住んでいる彼女だけれど、亡くなったお父さんのご実家。
今は誰も住んでおらず、彼女が維持管理のために定期的に訪れている。
家のお守りだけでも大変よねっていう話題も何度か。

そんな彼女から、昨年、「来年やけど御所市の主催でうちの家を使って写真展してくらはるねんて。掃除しにいく甲斐もあるわ。そんな形で使ってもらえたら嬉しいわぁ。」って。
良かったこと。


六田さんは奈良・御所市出身のカメラマン。
生れ育った御所を撮った写真展「宇宙のかけら」

六田さん、東洋陶磁美術館で開催中の「水仙盆」の写真撮影を手がけられていたんですね。
図録集って、特に絵画展の場合はそうなんだけど、実際の色彩や彩度と比べるとぐっと精度が落ちて、買い求める気が失せるのだけれど、この水仙盆に関しては即購入。
雨過天青と称される、透明感のある青、そして艶感、磁器の柔らかな感覚までも捉えた画像に、迷うことなく買い求めたもの。
    
     →東洋陶磁美術館 
    

YURIちゃんとこの赤塚邸と、
京阪電車・なにわ橋駅B1のアートエリアで、

先日7日に大阪会場で六田さんや御所市の方たちも来られての内覧展があって、ちょっと立ち寄ってみました。
b0309033_13375586.jpg
b0309033_13380031.jpg

YURIちゃんちでは、これとは全く違って、古民家の風情を生かした設えの写真展だとか。
春分の日の連休に御所の方の写真展に行く予定。
楽しみです。

b0309033_14003726.jpg
そうそう、この時の会場には御所市のゴセンちゃんもPRに来てました。
頭の緑は葛城山と金剛山だって。
注連飾りには一つだけお願い事をすると叶うんだとか。


Machi。



[PR]
# by machiiihi | 2017-03-08 13:15 | 展覧会

映画「お嬢さん」

思いっきりネタバレ

原題は「아가씨(アガシ)」…若い女性に対して使われる総称としてのお嬢さん。
そして英語タイトルは「侍女」を意味する「TheHandmaiden」。
そして邦題は曖昧に「お嬢さん」
タイトルも意味深な……

そしてこの映画。
R18指定ということもあってか、
「解禁された過激すぎる予告動画に話題騒然」とか、「狂おしい官能と欲望の罠。究極の騙し合い」とか「パク・チャヌク監督最新作にして衝撃作」とかとか、あれこれと煽ること。
こういう煽りは話半分と見ておきましょう。


b0309033_13500250.jpg

パク・チャヌク監督が描きたかったのは、
秀子とソッキがやってのける脱出劇じゃないかな。
時代は大日本帝国占領下の20世紀の朝鮮だけど、
これは21世紀版「テルマ&ルイーズ」(199年公開のアメリカ映画を持ち出すなんて古過ぎかしら?…笑)

映画「テルマ&ルイーズ」の二人は追い詰められ手に手をとって断崖に向かって死のダイブ
リアルタイムで劇場でこの映画を見ていた私は、20世紀の女たちはこんな形でしか自らを解放できないのかしらと、男が描いた女の映画に無性に腹が立って、以来この映画は私の中ではお蔵入り。


しかし、21世紀になってパク・チャヌクが仕掛けた本作。
秀子とソッキは、
歴史の表舞台で彼らが脈々と築き上げてきた手垢に塗れ爛れきった欲望にしがみつく男たちを尻目に、
したたかに、しなやかに、歪められ抑えられ続けてきた世界から自らを解き放つ。
b0309033_13495855.jpg

一糸まとわぬ姿で愛を確かめ合う秀子とソッキ。
それは秀子にとって伯父によって強いられ続けてた自身を剥ぎ取った姿。
生まれたままの姿であることに意味がある(と思います)。



秀子を演じたキム・ミニは170cmで手足の長いモデルスタイル。
侍女ソッキ役の新人女優も同じ身長くらいでしょうか。
スレンダーな肢体の二人が全裸で絡むシーン、二人の肢体の美しさを見せるこの構図はエロチックで肉感的では決してなくって、女の渡しにとってはむしろ美しい。


彼女たちが生き生きと際立ってくるのと対象的に、
男二人はくすんでいく。
最後は地下室で煙にくすぶって息絶える。 


してやったっり!
解放感にあふれた喜びを全身であらわすかのような、二人が全裸で見せる愛の交歓シーンもまた美しい。


詐欺師の伯爵によって嬢様を騙す為に侍女として差し向けられたソッキ。
しかしソッキの本当の役割は、牢獄のようなこの屋敷から脱出する為の秀子の身代わり。
仕掛けたのは伯爵と称する詐欺師。

二人が互いの愛に目覚めた時から、物語は原作をはなれ、映画的(といっていいでしょう)な展開を見せる。
この展開は原作以上に面白い。

しかし、しかし、
騙してるはずが騙されている。
そんな展開も原作同様に面白いのだけれど、
いかんせん145分は長すぎる。
それぞれの視点で語るという展開もどうかすると冗長すぎる。
小説ならいざ知らず映画の語りの巧みさを見せて欲しかったところ。
30分、いや10分でも短くまとめて欲しかったところでもある。


b0309033_13501541.jpg


19世紀のロンドンを舞台にしたサラ・ウォーターズの「荊の城」を原作に、舞台を第二次大戦終了まで35年間続いた日本統治下の朝鮮に置き換えた本作。
秀子という存在、彼女が置かれた境遇はそんな時代の朝鮮そのものともいえないだろうか。
そして終盤の爽快なまでの彼女たちがやってのけた爽やかで痛快なまでの逃亡劇。

出演者が話すセリフの半分は日本語で占められている。
決して流暢とは言えない彼らが話す日本語のセリフ。
日本語で語るということ、それ自体にもパク・チャヌクが本作で意図したことだろう。

こんな風に読み取るのは決して穿った見方ではないでしょう。


しかし、韓国の女優たちってほとんどが170cmのスレンダーな体型は、羨ましいくらいに美しい。
秀子を演じたキム・ミニ。
宮部みゆき原作の韓国映画「火車HELPLESS」を見たときは、変った顔の女優だな、いわゆる美人ではないけれど、ファムファタール的な役を演じきれる女優だなという印象を持った。
私のイメージは気位の高い野良猫。

そんなキム・ミニとは違って、ソッキを演じたキム・テリは、どちらかというと国民的美少女といった容貌
ネコよりも犬タイプ、かな。
今回の役はオーディションで1/1500の競争率で選ばれたとか。


b0309033_13500745.jpg


この映画、好き嫌いの評価が分かれるかもしれない作品かも。
私は尺の長さは横に置いて、
女優二人の脱ぎっぷりの良さも加算して彼女たちあっての本作。
高評価です。

輝いてた女優二人に乾杯で
★4つ★★★★☆


マチ








[PR]
# by machiiihi | 2017-03-06 11:10 | 映画

忘れてた!お雛様

明日から3月!
2月は娘からの、「インフルエンザAに罹った」ってメールに、
大阪にいる私まで、なんだかインフルエンザになってしまいそうな気がしてきて、
ドアの向うでおチビちゃん達の声がすると淋しくってって、そんなメールにこっちもほろほろしてしまい、
幸い軽い症状で良かったけど、その間ずっと私も変な感じ。
でも翌週には、上のおチビちゃんがインフルエンザになったってメール。
気が気でない日々を過ごすうちに、
すっかり忘れてたお雛様。
娘の雛の節句に実家からお祝いの弾飾り。

嫁いだ娘のためにせっせと母してる私。
昨年は2月中旬に頑張って出したのよね。

昨年の写真
段飾りの写真は呆けてるけど…↓

b0309033_15113182.jpg
b0309033_15113521.jpg



今年は今から出す体力気力はないわねぇ。
せめて立ち雛だけでも出しましょうか。


これも昨年の写真↓
b0309033_15193719.jpg
こうやって飾ってもね、
何をどうしようが、夫も息子も知ってか知らずか
色気も華やぎもなくって愛想もないこと。



Machi。


[PR]
# by machiiihi | 2017-02-28 15:18 | 徒然に

「荊の城」…映画公開までに読み終わらないと

2004年刊行のこの本
サラ・ウォーターズ著「荊の城」(上・下)

面白いです。
通勤電車の中で夢中になって読んでます。


b0309033_14294791.jpg


映画「お嬢さん」が公開されるまでに、原作である本書を読み終えたいところだけど…
限られた時間の中での読書タイム。


映画も、多分、ハ・ジョンウの出る映画は今まで外れなしだから、これも大いに期待してます。


3月3日から公開の韓国映画「お嬢さん」の原作が本作。
舞台を19世紀のロンドンから、1930年代の日本統治下の朝鮮半島に置き換えて、
伯父の厳格な保護下で暮らす貴族の嬢さんにキム・ミニ、
伯爵と称し、お嬢さんに近づく詐欺師にハ・ジョウ、
ハ・ジョンウが差し向けた下女に新人キム・テリ、
映画のポスター観てるだけで役者は揃ったの感あり。

b0309033_14260867.jpg
Machi。



[PR]
# by machiiihi | 2017-02-27 14:31 |

これも梅

b0309033_13374699.jpg


かれこれ5.6年前になるかしら
大阪城公園に梅を見に行き、盆梅展で買い求めたもの。

根性がへそ曲がりだもんだからでしょうか、
よく見かける梅の花っぽくないのと、花が金線みたいのが何故か気に入って買い求めたもの。
鉢だけは大き目のに植え替えただけで、そのまんま庭に追いいたまんま。
それでも毎年季節になるとささやかに咲いてくれる。



b0309033_13373926.jpg
Machi。

[PR]
# by machiiihi | 2017-02-27 13:38 |

映画「ラ・ラ・ランド」


b0309033_12573311.jpg
これをアップする頃には今年のオスカー受賞結果も出揃ってるかしら。
作品賞確実の呼び声が高い本作。
お気に入りのライアン・ゴズリング主演とあって、週末に観に行ってきました。


この監督そして脚本はデイミアン・チャンゼル。
前作「セッション」も話題になった映画。
私はどうも乗れなくって、これは未見です。

さて本作。
ワクワクするような期待一杯のオープニング。
カフェでアルバイトをしながら女優をめざすミア。
ジャズを存分に演奏できる自分の店を持つ夢をもつピアノニストのセブ。
そんな二人が出会い、愛が芽生え、互いに励ましあい、愛を育み…けれど現実は厳しく…そんな二人を季節を追いながら描かれていく。

過去映画のオマージュが散りばめられていて
映画ファンには感涙物かも…


ただ私はどうも今ひとつ乗り切れなくって……
ミュージカルって観ているだけで、それだけで楽しいはずなんですけどね。
中盤はいささか眠気を催してしまった。


もう一度観れば、映画ど素人の私でも、又違う読み取りが出来るのかもしれないけど

どうもね、
ミア役のエマ・ストーンが明るく生き生き表情豊かに動き回るのに比べて
ピアノマンのライアン・ゴズリング君の覇気が薄くって
彼はもともとそういうタイプなんですけどね。
それにしても本作ではちっとも魅力的じゃなかったなぁ(って私には感じられた)。



冬から始まり春、そして夏と二人の季節が過ぎ、
どうも乗り切れないまま迎えた
秋、そして再び冬。
この終盤から一気に加速度的にこの物語に嵌まり込めた。


この、時間にしたらラスト30分
これがあれば途中の眠気はどうでもいいわって思えるくらい。
これは、早い話、ミアの物語ね。
主役はエマ・ストーン。
ライアン・ゴズリングは彼女を光り輝かせるお役目だったのね。


作品賞はどの作品か分からないけれど、
オスカーはエマ・ストーンでしょうね。
きっと。



b0309033_12572635.jpg


Machi。



[PR]
# by machiiihi | 2017-02-27 13:03 | 映画