ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

タグ:映画:タ行 ( 14 ) タグの人気記事

映画「正しく生きよう」

1991年公開のもっ君主演の「遊びの時間は終らない」を見たところで、
リメイクの2007年公開の韓国映画「正しく生きよう」をx見なければ!でNetflixで本作を見る。

監督はこれがデビュー作のラ・ヒチャン。
企画・脚本はチャン・ジン
蛇足だけれど彼は韓国の三谷幸喜とも呼ばれているんだそうだ。
私的には三谷作品よりチャン作品の方が素直に笑えるなぁって思いますけどね。
本作はチャン・ジンが設立した制作会社が手がけた作品。
彼は脚本・企画サイドからバックアップして若手映画作家を育成してるんでしょうねぇ。
≒チャン・ジン作品ともいえるんじゃないでしょうか。


リメイクである本作は102分。
「遊びの時間は終らない」は111分。

設定は同じなんだけど、
犯人役を演じた巡査は、やっぱりもっ君が良かったのだけど、
作品としては、更に短い本作の方が起承転結の語りも滑らかで、
そもそもの事の成り行きも時系列で語られていて、かといって説明臭くなく、
馴れたお方の作品かと思ったほど。
チャン・ジンの脚本がしっかりと出来ているんでしょう。


ラストは、
オリジナル版では、このままどうするんや?!って思ったけれど、
青春映画という括りで、これはこれでいいのだろうけれど、
人生先があるんやでって、この年齢になったらその先まで気になってしまう。

韓国版では防犯訓練の顛末もきちんとお見事に締めくくり、一夜明けてのラストも手際よく、良く出来ました(といってもこじんまり纏まったと言う意味ではなく)のエンタテイメント作品に仕上がっている


リメイク作品って、オリジナルと違う持ち味をって考えるのか、どうかすると奇をてらいすぎてダメになる場合がほとんど。
さほど多くない私の映画鑑賞リストの中で、リメイク版の方が断然面白いと思ったのは、ヒッチコック監督の「ダイヤルMを廻せ」(1954年)のリメイク映画「ダイヤルM」(1998年)
これはリメイク作品の方がハラハラドキドキさせられた。
そんな中で韓国版リメイク作品ってのはオリジナルを越えて、こっちの方がいいやん!って思う作品が多い。
例えば東野圭吾原作の映画作品などは韓国映画「容疑者X 天才数学者のアリバイ」や、「白夜行」~白い闇の中を歩く」もソン・イェジンがファムファタール的オーラが薄かったものの、日本映画のそれらよりも韓国版の数段魅力的だった。

原作やオリジナルに引きずられず、独自の視点、切り口でテーマに迫っているように思う。


犯人役の堅物巡査はもっ君が良かったんだけど
韓国版のこの方もそれはそれで良かったです。
キャラとしては韓国版の遠藤憲一ではないでしょうか。

b0309033_13450822.jpg
b0309033_13462158.jpg
そして中央から地方の警察署に異動となったエリート意識むき出しの署長
俺はお前達とは違うんだとばかりに、己を誇示せんとリアルな防犯訓練を提案した署長がこの人。

b0309033_13453344.jpg
本作は劇場未公開で2008年の韓流シネマフェスティバルで上映されたとのこと。

[PR]
by machiiihi | 2017-03-13 13:56 | 映画

映画「たかが世界の終わり」

b0309033_10424650.jpg
グザヴィエ・ドランの最新作。
ドラン君の映画って「胸騒ぎの恋人」などは
オゾン作品にも通じるようなオシャレ感があってお気に入り。

で、こんなタッチの監督かなって思っていたら、
それ以外の作品は真正面から向き合っていて、けっこう重たくって、辛いところもある。

もうちょい若い時は、
ひりひり沁みるようなイタイ映画はお好みだったんだけど、
齢を重ねるにしたがって
痛さ辛さに対する抵抗力が弱くなってきている最近。


で、本作も迷っていたけど、


母親役にナタリー・バイ!
兄にヴァンサン・カッセル!
その妻にマリオン・コティヤール!
そして主人公がギャスパー・ウリエル!
ときたら 辛くても、重くても、
彼らに会う為には観逃すわけにはいかないでしょう。




「もうすぐ死ぬ」と家族に告げるため、12年ぶりに帰郷する作家ルイ。母は息子の好きな料理を用意し、妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ、彼の妻カトリーヌはルイとは初対面だ。ぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる──。



b0309033_10425179.jpg
12年間の空白が家族の間に横たわる。
傷つきたくない…
傷つけられたくない…
家族の、この構図を壊したくない…
壊されたくない…

母親や兄の饒舌な言葉の隙間から、
主人公が口の中で噛み砕いた欠片の隙間から、
華族の中で 息子が、弟がいなかった空白の12年間の時間がじわじわと滲みだしてくる。


ドランの演出と、
そして、
役者の力だろう。

今回のドラン君の映画は、
もう一度じっくりと見直して、彼ら一人一人の、言葉にならなかった言葉を手繰っていきたいと思える作品でした。
b0309033_10423783.jpg



ギャスパー・ウリエル
30歳過ぎても
やっぱり君は美少年だわ!

b0309033_10422902.jpg
Machi。





[PR]
by machiiihi | 2017-02-18 21:00 | 映画

映画「テロ、ライブ」

2013年の韓国映画
「群盗」の活劇に血沸きの乗りで、この作品レビューも書いちまおう。

ブログって乗れないと書けないのが私の性分
見た後も、まっいっか、面白かったら面白いでいいやん、それ以上何を御託並べるん?って気になりだしたら、私とブログとの間の距離がぐ~っと隔たってしまう。そういうバイオリズムの時の作品。


この作品の・ハジョンウは今までのハ・ジョンウとは又違う。
まったく彼は変態役者。
その役になりきると言うよりも、そのもの。
本作の彼はニュース・キャスターです。

かつて人気TVキャスターだったヨンファは、ある不祥事のせいで同じ放送局のラジオ部門に左遷、妻とも離婚の鬱屈した日々。が、ある日の生放送中、一人のリスナーから、ソウルの漢江にかかる麻浦大橋に爆弾を仕掛けたと電話が入り、電話を通してヨンファと犯人とノ会話を放送するよう要求。
いたずら電話と無視した直後、麻浦大橋の一部が爆破される。ヨンファはこれを独占スクープに利用し、局の上層部と交渉して、TVキャスターの座に返り咲こうとするが、犯人はヨンファと別れた元妻のリポーターが向かった現場にさらに別の爆弾も仕掛け……。
ヨンファ自身もイヤホンに爆弾を仕掛け、机を離れたら爆破すると犯人から脅される。

半分やる気なしのディスクジョッキー
b0309033_142047.jpg

そして、TV放映の交渉しながら、トイレの鏡で伝道カミソリで無精ひげを剃り、ネクタイを締めTVキャスターに仕上げていく
b0309033_145136.jpg

TVカメラの前でスタンバイしたヨンファ。
b0309033_1471993.jpg


さぁ、こっから始まる緊迫のライブ放送
スタジオのデスクに座ったままの状態で、緊迫したこの状況を緩めることなくノンストップの90分間ほぼ一人で引っ張っていったハ・ジョンウの役者としての凄さ!


似たような設定の映画といえばコリン・ファレル主演の「フォン・ブース」
「出るな。出ればお前を殺す」という脅迫電話を受け、公衆電話ボックスから出れなくなった男の、緊迫した状況を描いた作品で、なかなかお気に入りの一作だったけど、
いやぁ、本作はそれ以上。


国家という巨大な力に、立ち向かった個人。
爆弾テロという強硬手段を取らざるを得なかった彼が求めたのは、橋の補修工事中に川に転落し死亡した3人の貧しき労働者に対する大統領の謝罪の言葉。
ただそれだけ。

テロには屈しないという大義名分のもと、ヨンファを通して生放送という形で声を出した個人の声は、声無き声として届かず、名も無き個人は、国家という権力の私利私欲の前に踏み潰される。
そして衝撃のラスト
この時のハ・ジョンウの表情がまた卓越もの。


監督は1980年生まれのキム・ビョンウ。
本作が長編映画デビュー。
低予算かつ6週間という限られた撮影期間でつくり上げた映画。
しかし4年がかりで脚本を仕上げたそうだ。

ここまでストレートに出していいの?って思えるほど
おそらく韓国内でも衝撃作だったでしょうね。
しかし公開されるや4日で観客動員数100万人を突破し、公開6日で200万人を突破したという。
興業的成功は、監督の力とともに、あの緊張感をつくり上げ持続させたハ・ジョンウの存在なくしては無かったでしょうね。
韓国では製作資金つぎこんだポン・ジュノ監督の「スノーピアサー」と同時期公開だったようで、いい勝負したみたい。
b0309033_15513541.jpg

「許されざるもの」で韓国社会の軍事主義にメスを入れたユン・ジョンビン監督といい、本作のキム・ビョンウ監督といい、韓国では30代の若い映画監督たちが、韓国社会に堂々とメスを入れて、自分たちの国を語ろうと頑張ってるなって思う。
多分だけど
映画「許されざるもの」見ていて、兵役義務という2年間というものが、彼ら内部にふつふつとしてあった問題意識をはっきりと自覚させるきっかけの一つになっているんじゃないかなって思う。
だって
韓国映画が見せる本音って、安っぽい言葉だけのヒューマニズムなんか蹴散らされるほど、気持ちいいくらいにストレートで潔いもの。


そしてハ・ジョンウ1978年生まれ
キム・ビョンウ1980年生まれ
そして「許されざるもの」「群盗」のユン・ジョンビン1979年生まれ
同世代の監督と俳優、彼らが良質な映画をめざしてつくり上げているってのが感じられるのも嬉しい。


キム・ビョンウ監督は本作について、
「そもそも大ブレイクを狙って企画した映画ではない。大衆的な観点から見たとき、確かにリスクは存在する。撮影前にジョンウ先輩と話し合ったときも、ジョンウ先輩が『観客100万人を超えるだけでも大成功だ』と話した。これは数値の問題ではない。何より商業映画市場でこのような映画が作られたということに大きな意味があると思った。僕もそんな気持ちで始めた」と語っている。

b0309033_16294328.jpg

警察のテロ対策班として犯人交渉の指示をユンファに行う為にスタジオに。登場シーンは少ないけど彼女の素の感じ、演技していることを感じさせない演技がいいなって思った女優チョン・へジン。TVドラマ「ごめん愛してる」でソ・ジソブの双子の姉で知能障害のある女性を演じた方だったのね



余談ですけど……
どういう内容かは知らないけど予告編見る限りだけど
邦画で中井貴一主演の映画「グッドモーニングショー」が10月に公開される。
朝のワイドショーで司会を務める落ち目のキャスター澄田が陥る災難だらけの一日を、中井貴一主演で描いたものでプロデューサーからは番組の打ち切りを告げられるし、不倫相手の番組サブキャスターから関係を公表すると言われ、都内のカフェで人質立てこもり事件が発生し、犯人が「澄田を呼べ」と要求していると知らされる…。
といった内容みたいだけど
「テロ、ライブ」を見た後だと、なんかこんなん撮ってていいの?って思う……
そうそう予告編でこの作品見て、やっぱ「テロ、ライブ」レビューアップしましょうって思ったんだわ、私。



マチ。
[PR]
by machiiihi | 2016-08-10 11:47 | 映画

映画「トランボ~ハリウッドに最も嫌われた男」

ダルトン・トランボという脚本家のこと。
赤狩りの時代、アメリカの下院非米活動委員会の聴聞会に証人として喚問されて証言を拒否したことにより起訴されて映画界から追放、連邦刑務所へ送られた10人のハリウッドの映画人「ハリウッド・テン」。
10人の一人であるダルトン・トランボ。
釈放後は偽名で脚本を書き続けたということ
「ローマの休日」で改めて彼にオスカーが贈られたのが1993年だということ。
「スパルタカス」「ジョニーは戦場へ行った」そして「パピヨン」も彼の脚本だということ。
そういうことを映画史で知った。
「パピヨン」でスティーブ・マックイーン演じる主人公が、脱獄不可能といわれる孤島の監獄から脱出した大海原のあのシーン、あの解放感、パピヨンのあの叫びがトランボ氏のそれと重なるように思えた。

そしてエリア・カザン。
「紳士協定」「波止場」「欲望というなの電車」そして私の好きな「草原の輝き」の監督でもあるエリア・カザンは、仲間の名前を公表したということ
1998年に長年の映画界に対する功労に対してアカデミー賞「名誉賞」を与えられた時も多くの映画人たちは座ったまま無言の抗議を行なったということ。

実在したニュースキャスター、エドワード・R・マローとCBSの番組スタッフたちが「マッカーシズム」に立ち向かう姿を描いたノンフィクションドラマ「グッドナイト&グッドラック」(2005年/監督:ジョージ・クルーニー)。


さて本作
何物にも屈せず精力的に脚本を書き続けたトランボ氏と彼を支え応援し続けた映画人たちを恙無く描いた作品とでもいえるでしょうか。
ハリウッドではジョン・ウェインが赤狩りの中心だったとは、私にはトリビアものだった。
124分の本作。
映画史でしか知らなかった中味があれこれ分かって、そういう点では面白かった映画。
結局キューブリックがメガホンを取ることになった「スパルタカス」も、カーク・ダグラスの勇気ある美談として描かれているけれど、キューブリックはトランボの脚本が気に入らずかなり修正を加えたとか、かなりのすったもんだがあったって映画資料で読んだことあるけどな……。
b0309033_11334565.jpg


しかし、下院非米活動委員会を中心に、共産主義者の疑いのある者を糾弾する「赤狩り」の嵐が吹き荒れた冷戦下での、あの時代の、あのヒステリックなまでの狂乱はなんだったんでしょう。
共産主義陣営も自由主義陣営も政治となると同じ穴の狢。
やってることは同じ。

本作を見ると、あの時代をコテンコテンに皮肉ったのがコーエン兄弟の「ヘイル,シーザー!」ねって思うとニヤリとさせられる。


そして、
それよりも、そんなんよりも、
私的にはトランボの妻を演じたダイアン・レインがとっても良かったわ。
作中で彼女が着ていたシンプルなワンピースのどれも私好み。
「マン・オブ・スティール」ではスーパーマンの育ての母を演じていて、シンプルな服にほとんどノーメイクと思われる彼女がとっても素敵だった。
b0309033_11332452.jpg

[PR]
by machiiihi | 2016-07-25 10:43 | 映画

映画「殿、利息でござる」

素直に、いい映画って思う。

羽生君が仙台藩主である殿様役で出るって言うんで、それが話題の映画宣伝だったけど、
で、私も
羽生君が出てなかったら多分観に行ってなかっただろうなって思う。

もともと邦画はよほどでないと見ない方だし、
この監督の作品もこれが初めて。
最近作だったら「奇跡のリンゴ」もこの監督なのね。
「残穢 -住んではいけない部屋-」もこの監督だったんだ。
原作者の小野不由美さんの「十二国記」は好きな作品なので、これも原作で読んでいて、あえて映画で観ようとも思わなかったもの。

この作品の原作者で歴史学者の磯田 道史さんの「武士の家計簿」も映画化されたけど、観たいと思うテイストでなかったのでスルー。
羽生君が出るんで観るつもりだったから、原作読んだけど、さほど興味が出てこなくって途中で中断してしまった。


でも映画の方は、
出だしからリズムがあって、とってもリズミカルなテンポは緩むことなく、ホロリとさせられる部分とお笑い部分の兼ね合いもよろしく、かつ、とってもシンプルで分かりやすく面白かった。
羽生君出てなくっても、それはそれでいい映画って素直に思う。
b0309033_10484566.jpg



羽生君の登場は最後の、締めともいえる部分なんだけど、
しっかり映像に馴染んでいて、
とっても良ろしいかと。
羽生結弦くん、きっかりワンポイント効いてました。

なかなかにいい映画でした。
これなら母が観に行っても楽しめそう。
叔母と観に行くんだそう。

そして、
この映画の収穫はもう一つ。
善人揃いの中にあって一人いやな奴、萱場 杢を演じた松田龍平君も良かったのではないでしょうか。
b0309033_10473196.jpg



Machi。
[PR]
by machiiihi | 2016-05-22 10:20 | 映画

映画「007 スペクター」

サム・メンデス監督
「007スカイフォール」に続いて本作「007スペクター」でもいいお仕事したはること。

スカイフォールが良かっただけに、今回は、M役が ジュディ・デンチからレイフ・ファインズになって、どうなんかなぁって思ってたけど、さすがねって思える本作007でした。
なんで主役より監督やねん
でもいい仕事したのはサム・メンデス監督だから~
b0309033_1432774.jpg



それはそうと
ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグって
やっぱり私には世間で言われているようには、ちっともセクシーには思えないの。
本作でモニカ・ベルッチとの絡みでも、完全に力負けしているやん(笑)


その分、本作ではQこと ベン・ウィショーがけっこう動き回ってくれたのが嬉しいこと。
ダニエル・クレイグ一人で映像引っ張るのはちょっとしんどいよな(と、私は思う)
それから悪役のクリストフ・ヴァルツももちろんだけど、C役の アンドリュー・スコット(現代版シャーロックのモリアーティ役良かった)のシーンがもうっちょっと欲しかったなって思う。
b0309033_1435282.jpg

ベン・ウィショーといえば
映画館のポスターで知ったけど、
ロン・ハワード監督の「白鯨との闘い」で、エセックス号の沈没事故を題材にした小説「白鯨」の原作者ハーマン・メルヴィル役で出るんですね。
クリス・ヘムズワース、ンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィーンなどなど。
ちょっと面白そう。
日本公開は年明け1月16日から。
b0309033_1415746.jpg
b0309033_14152298.jpg



Machi。
[PR]
by machiiihi | 2015-12-13 23:00 | 映画

映画「トム・アット・ザ・ファーム」

b0309033_1084496.jpg

TOM A LA FERME
2013年/カナダ・分ラス/102分/PG12
監督・製作・脚本・出演:グザヴィエ・ドラン



気になる映画作家…
次はどんな作品を出してくるのか、
そんなことが気になる映画監督って、
ちょいと前まで’は(いや、ずいぶん前になるのかな)結構いたんだけど……

そんな最近の中で
やっぱりグザヴィエ・ドラン君が気になる映画作家。

個性的というか
独断的ともいえようか
自意識過剰ともとれるかも
でも、
そんなことが見ている私の鼻につく以上に、かれの映像センスがそれを抑え込む。


何もないただひたすら広がる田園地帯の中を走る一台の車を追いかける俯瞰映像。
そして流れる音楽は「風のささやき」
ったく!
こんなところでの彼の音楽センスにも参ってしまう。

そう、
フランソワ・オゾン作品みたいにね。
ここでこの音楽をもってくるか!って

ミシェル・ルグラン作曲の「風のささやき」
「華麗なる賭け」ではノエル・ハリソンが
そしてリメイクの「トーマス・クラウン・アフェアー」ではスティングが
映画「華麗なる賭け」を見て以来、私の大好きな曲の一つ。
携帯の着信音もこれにしていた時もあったほど。

ある村の、特有の閉塞感の中で繰り広げられる心理サスペンス。
いささかの未消化感というか、原作が戯曲だからか、ぎこちなさは感じながらも
見る側の不安感、緊張感は持続し続ける。

そしてエンディングでの都会のネオンに、
その見慣れた光景に、安堵感さえ覚える。

オープニングとエンディングの映像に挟まれた約1時間半の非日常ともいえる空間。
見終わってみると、振り返ってみると、もう一度このオープニングとエンディングの数分間を味わいたいとさえ思える。



グザヴィエ・ドラン
やはり気になる監督というか、
というか映画人。


次は、劇場未公開でもある「胸騒ぎの恋人」のような、ニヤリと皮肉な笑みを浮かべたくなるような、そんな映像でお会いしたいとも思う。
「胸騒ぎの恋人」が彼のセンスかと思いきや、
「私はロランス」では音楽や、色彩やファッションセンスはさすが!って思ったけど
愛と性に真摯に向き合う姿勢と語りにオオッと意外感を持つ一方で、見終わった後にはけっして重苦しくならない強かなそのセンス。

やっぱり気になるグザヴィエ・ドラン君。
b0309033_106553.jpg
b0309033_1063265.png

b0309033_10131210.jpg


Machi。
[PR]
by machiiihi | 2014-10-27 10:11 | 映画

映画「ダラス・バイヤーズクラブ」

b0309033_1143422.jpg

フィギュアのエキシビジョンを最後にソチ・オリンピック競技の録画映像を削除し、ようやくにオリンピック漬けモードだった頭も切り替えて、映画の記事アップに。
フィギュアもヨーロッパ勢の参加が少なくなってからはあまり関心がなかった冬季オリンピックだけど、スノーボードで10代の二人が取ったメダルから俄然一生懸命になりだし、ったく突然の”にわか”になるものだから~

羽入君はジュニアの時、それからシニアに行った頃から見ていて、あらっ、日本男子にはない見目麗しいスレンダーでしなやか滑りだこと!って注目していたから、彼の急成長振りは嬉しい。ここからが彼のスタートでしょうね。
なんといってもショートのあの最強プログラム「パリの散歩道」!
高橋大輔君も、今までで一番いい顔していたのが良かった。
愛ちゃんの涙の笑顔も清清しく、沙羅ちゃんの試合後のインタビューは我が子を見るように辛かったし、アルペンの竹内智香さん。この競技があったって始めて知った。誰にも注目されない中で、海外のアスリート達と同じスタートラインにたって勝負する為に自らを鍛え続けてきた彼女の強さに感服。
そして葛西選手!
ルールはきちんと分かっていないながらもず~っと観てしまうカーリング。
一点に集中した真剣な顔ってなんて美しくて素敵なんだろう。
ありっ、まだオリンピックの欠片が頭に残っている~



DALLAS BUYERS CLUB
2013年/アメリカ/117分/R15+

監督: ジャン=マルク・ヴァレ
脚本: クレイグ・ボーテン/メリッサ・ウォーラック
b0309033_11181261.jpg



本作は、1992年に『ダラス・モーニングニュース』の記事で取り上げたられたロン・ウッドルーフの実話を基にした作品。
80年代のアメリカを舞台に、自らがエイズとなりエイズの治療薬をめぐり、エイズ対策に無策な政府・病院・医師と製薬会社との癒着に真っ向から対決した一人の男ロン・ウッドルーフを描いた物語。

ロン・ウッドルーフを演じたのはマシュー・マコノヒー。
彼って目に軽さを覚える俳優だったけど、本作の彼は、その目が違っていた。
孤軍奮闘する男の、その熱い魂が感じられる目になっていた。
20kg以上の減量で撮影に臨んだというマシュー・マコノヒー。
もともと細身の筋肉質だった彼の、生命維持ギリギリともいえる減量だが、目は死んでたまるか!という闘う男の目をしていた。

破天荒ながら、一本気というか猪突猛進というか、この男。
80年代のアメリカではエイズ対策が遅れており、効果があるとされる治療薬も国内では未承認。
俺はゲイじゃない! エイズなんかで死んでたまるか!で、治療薬を求めテキサスへ。
そこで一人の医師と出会い、エイズ治療に対する認識を深めていったロン。
病院と製薬会社が共同開発したエイズの特効薬とされる薬がHIVウィルスのみならず人間をも殺す毒物であるということ。
そして病院と製薬会社の癒着の実態が彼を怒らせた。

会員制のダラス・バイヤーズクラブを設立し、会費を資金にテキサスのみならずエイズに効果があると聞けば日本まで渡り国内未承認の薬を、あの手この手で密輸入し会員である患者達に配り続ける。
死んでたまるか!で始まった一人の男の生きる為の戦いは、不法行為を繰り返す彼の行動を阻止しようとするアメリカ政府との戦いへと、一人の男を信念の男へと変えていく。
b0309033_11443624.jpg

そしてロンが出会うトランスジェンダーのエイズ患者レイヨンを演じ、こちらも20ポンドの減量で本作に臨んだというジャレッド・レトーのこの女性度!

そして違法行為と知りながらロンに共感し、自らの正義にしたがって病院に三行半を突きつけロンの活動を支える医師イブを演じたジェニファー・ガーナー。
b0309033_11445858.jpg

「死なないことに一生懸命で、生きているという気がしない」とイブにつぶやくロンの言葉に込められた、常に崖っぷちギリギリに立たされ続ける者の魂の悲痛な叫びが胸に痛い。


病院、製薬会社そして政府に叛旗を翻し、アメリカ国内でのエイズ治療薬の販売ルート確立に尽力した一人の男の戦いの軌跡を、とても実直に描いた本作。
マシュー・マコノヒーまさに入魂の一作。

ゴールデン・グローブ賞を始め、各映画関連マシュー・マコノヒー主演男優賞、ジャレッド・レトー助演男優賞のW受賞も納得の本作「ダラス・バイヤーズクラブ」
オスカーも受賞させたいと思うほどの本作でした。

Machi。
[PR]
by machiiihi | 2014-02-26 12:10 | 映画

映画「小さいおうち」

「オンリー・ゴッド」が何をどう観たらいいのかしら?って風で観終わったものだから、なんかスッキリしなくって、同じシネコンで上映されている「小さいおうち」を、ちょうど時間の都合もよくって観ることに。

映画館で見るほどでもないかなって思っていたけど、頗るいい感じで観れました。
b0309033_13562369.jpg

「小さいおうち」
2013年/日本/
原作:中島京子「小さなおうち」(2010年第143回直木賞受賞)
監督:山田洋次


小さいおうちに封印された秘密が60年の時を経て紐解かれる……ってミステリアスに言われる本作のコピーだけど、そんな秘密も、タキがずっと胸に隠し持っていた思いも、空襲で焼けてしまったあの赤い屋根の小さなおうちの思い出。

それよりも、日本がまだ大日本帝国と呼ばれていた時代、大正モダンと呼ばれた時代から引き継がれた和洋折衷文化が華やかだった昭和初期の、平和と繁栄を無邪気に謳歌していた頃の日本、日本の小市民的な生活が綴られているのも、なぜか懐かしい。
全編に流れる久石譲の音楽がまた昭和モダニズムを感じさせる。

戦前の昭和と平成の現代。
二つの時代の異なる空気、匂いが微妙なタッチで描かれている。

松たか子演じる平井時子は、赤い屋根の洋館、平井家の奥様である時子を演じた松たか子が見せる、いかにも山の手の良家の若奥様らしい華やぎ、おっとりとした上品な物腰、着物を着る仕草の中にも育ちの良さが感じられる。
一作ごとにいい女優になっていっているみたいな松たか子。
b0309033_1357376.jpg

そして、黒木華が演じたタキの素朴な一途さ。
この二人が醸し出す雰囲気が、観ていてとても心地良い。
そして、そんな二人の前に現れる板倉正治役の吉岡秀隆の純な朴訥さもまた戦前の昭和の匂い。
大叔母にあたる老いたタキに、自叙伝を書くようにすすめる健史役の妻夫木聡がみせる現代っ子の明るさもまた好対照。

因みに、私とは星の数が必ずしも一致しない、日本経済新聞社のシネマ万華鏡では「監督の主題はラストで示されるように、いかなる恋の自由も許されない戦前の暗い時代への反省と今日の保守的な雰囲気への警鐘にあるといえる」と書かれてあるけど、そないに難しいところまで読み取れなかったけど~。もっと素朴に見たらいいんと違う?って思うけど~。

Machi。
[PR]
by machiiihi | 2014-01-28 10:00 | 映画

映画「父の秘密」

DESPUES DE LUCIA
(英題:AFTER LUCIA)
2012年/メキシコ/103分/R15+

「Santa Lucia(サンタルチア)」って歌があるように、「Lucia」って”光”とか”輝き”とかの意味でしょう。

妻であり母であった大切な人ルシアを交通事故で失った父と娘。
光を喪失した父と娘のその後。
それに追い討ちをかけるように、娘アレハンドラに起きた事件。
そして父ロベルトがなんの躊躇いもなく、ゴミを捨てるようにとった戦慄するような行動。
きっかけはほとんど発作的ともいえる衝動的なものだったのだろう。
そして、その後は怒りあるいは憎しみが彼の全てを覆っていたのだろう。

彼のとった行為は、しかし、今までも、そしてこれからも、人が人である限り、善と悪の確執の中で大きなジレンマとしてつきまとうものだろう。
「が、しかし」と常に逆説で語り続けられることだろう。

第65回カンヌ国際映画祭“ある視点”部門グランプリ受賞作。
ある視点、そして人間に課せられた永遠の命題でもあるだろう

b0309033_108037.jpg

娘アレハンドラを演じたテッサ・イアは「あの日、欲望の大地で」で、シルヴィアと名を変えて生きるマリアーナ(シャーリーズ・セロン。少女時代ジェニファー・ローレンス)と、母と共に焼死した不倫相手の息子サンティアゴとの間に生まれたマリアを演じたあの少女!
b0309033_10575517.jpg
「あの日欲望の大地で」のマリアーナ(ジェニファー・ローレンス)とサンティエゴ


スティーヴン・キングの同名小説をブライアン・デ・パルマが映画化した「キャリー」(1976年)がキンバリー・ピアース監督によってリメイクされ現在公開中だ。
苛められキャラのキャリー役にクロエは可愛すぎるし、76年版のキャリー役シシー・スペイセスが良かっただけにリメイクの方は鑑賞スルーしたけど、母親役のジュリアン・ムーアが作品以上に怖ろしいとのもっぱらの声。
しかし、人の中に潜む暴力、狂気が日常の中で突然に扉を開け、開いてしまったパンドラの箱のように人を捉えてしまう怖さは、本当に怖い作品は、静かに淡々と描かれている本作の方じゃないかな。
b0309033_11144339.jpg


Machi。
[PR]
by machiiihi | 2013-12-19 11:17 | 映画