ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

映画「神なるオオカミ」

監督はジャン=ジャック・アノー。
ショーン・コネリーのいぶし銀のような渋さが光る「薔薇の名前」、そして見るほどに胸にさらに深くしみこんでいく「愛人/ラマン」、それから「セブン・イヤーズ・イン・チベット」、狙撃手ジュード・ロウのグリーンアイが美しかった「スターリングラード」もこの監督の作品。
ジャン=ジャック・アノー監督作品にはお気に入りが多い。
脳裡に焼き付いているシーンもいくつかある。
動物を描いた作品も忘れ難い。
「小熊物語」
それから、幼い頃、人間の手によって離別した二頭のトラが成長し、互いに戦うべき相手として闘技場で再会した兄弟虎を描いた「トゥ・ブラザーズ」
何度か機会あれば見直すけれど、その度に「いい映画ねぇ」としみじみ思う。
熊でも虎でも子供のころのまるっこくって無邪気な姿を見せられたらねぇ……参ってしまいます。

そして本作では、オオカミの子供を育てる青年を描いている。
日本での劇場公開が見送られた映画を上映するイベント「未体験ゾーンの映画たち」の2016年で公開された作品。
予告映像はこちら
私はフー・ゴーからアリエル・リンへ追っかけ関連でウィリアム・フォン主演の本作を知って、アマゾン・プライムで視聴。
映画を見て、原作を読みたくなった。
映画邦題は「神なるオオカミ」
これは中国国内のポスターでしょうか。
b0309033_16105659.jpg

文化大革命の時代の内蒙古が舞台。
1967年、文化大革命の下放政策により内モンゴルにやって来た知識青年を通して、その地に生きる狼と、草原の遊牧民たちを描いた作品。
狼を崇拝し、自然の摂理を重んじ、狼たちと共生する遊牧民たちの、彼らの中に脈々と受け継がれている精神世界。
しかし政策という名の下で、人と動物と自然と共に生きる彼らの世界が引き裂かれる。

映画は、都会からやってきた青年が、保護しこっそりと育てる幼い狼との絆を軸に描かれているが、
原作はおそらく中国体制に対する強烈な批判精神に充ち溢れているだろうとは、映画を通しても容易に推測される。
b0309033_16123694.jpg
原作者は姜戒(ジャン・ロン)
文化大革命時は大学生で、1967年に知識青年として内モンゴルのオロン草原の村落に下放され、そこで11年間暮らしたとのこと。
その時の体験をまとめたものが本書。
ウィリアム・フォン演じる主人公の青年がジャン・ロン自身といえるだろう。

都会からやってきた青年は漢民族
遊牧の民とは異なる民族
そんなセリフも端々に出てくる。


原題は「狼図謄」
「図謄」はトータム或いはトーテム。日本語では部族、血縁(血統)の意味となるだろう。
遊牧民の長老が、狼を見習えという言葉がある。
我々の中には狼の血が流れているという。

これがジャン・ロンの描かんとする壮大なテーマの一つだろう。

国内での刊行は2004年。
その後、海外翻訳も次々となされ、中国(中華民国)建国後最大の著作物輸出作品となったそうだ。
中国で発売された原作の表紙
b0309033_16101346.jpg


映画は、
オオカミと遊牧民たちの、生き抜くためのすさまじい攻防を描いた映像は、さすがです。
アノー監督は本作の撮影までに7年の準備期間を経、35頭の狼を育てて飼いならすのに3念を費やしたそうで、撮影終了後、狼たちは調教師の手でカナダの野生動物園に映されたとのこと。


これはこれで映画作品としては完結しているだろう。
ただ、私としては、映画から零れ落ちたであろうものを、
ジャン・ロンが語らんとしたものを
原作を読んでみたいと思った。


アマゾンにて取り寄せ中。

原作では青年と狼の別れはドラマチックに描かれているけれど
原作では違うようだ。


映画を見て原作を読みたくなった。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-11-06 14:37 | 映画
<< 飴ちゃん 朔日参り >>