ブログトップ

マチの、映画と日々のよしなしごと

machiiihi.exblog.jp

カテゴリ:徒然に( 54 )

鈴虫の声に秋を感じる

明日から9月だというに、
まだまだ蒸し暑さが続く日々。
汗でじとっとした身体をかかえ、
家に帰りついたら、真っ先にクーラーをON。
あとは涼しい家の中で籠るのが毎夜のことだけど、

昨晩、夜に洗濯を済ませ洗濯物を干しに庭に出ると、
リーン、リーンと、鈴を転がすような軽やかで涼やかな音色が……


秋なのねぇ。
秋の夜長の風情には程遠い、日中の蒸し暑さだけど、
しばし心和まされるひと時。
夜風と虫の声。


友人がラインで、
百人一首の句と共に、
上高地の梓川の流れはもう秋色に変っているのかなぁ……
って便りをくれた。


秋を感じる8月の終わり、
9月初めの明日は、
滋賀県の佐川美術館まで田中一村展を観に行くつもり。



Machi。






[PR]
by machiiihi | 2018-08-31 10:11 | 徒然に

すっかりご無沙汰のブログ~あれやこれや

1月末からとんとご無沙汰。
その間にも「スリー・ビルボード」見て、フランシス・マクドーマンドとサム・ロックウェルのラストのツーショット。これだけでも十分な幸せ。観ながら、テーマは違うんだけどポール・ハギス監督の「クラッシュ」に似ているなって思ったら、この監督も脚本家出身だったのね。それでかな。
こレはオスカー有力候補だわねって思ったけど、

「シェイプ・オブ・ウォーター」公開すぐに観に行って、
翌日、会社で「この作品にオスカーあげなかったら、アメリカアカデミー協会もだめだわ」って息巻いてたら、
オスカー獲っちゃった!

金城くん映画はともかくも観る!
「恋するシェフの最強レシピ」
40歳になっても期待を裏切らない金城くん!
金城君はやっぱり金城君。
こんな役、こんな雰囲気でこなせるのは金城君だけ!
(どんなだ?って思う方は映画見て、公開終了したらDVD見て)


b0309033_11214376.jpg
相手役のチョウ・ドンユイ。
1992年生まれの20代。
対する金城君1973年生まれ、
「サンザシの樹の下で」の彼女しか知らず、線の細い素朴そうな子ってイメージ。
年齢的にも雰囲気的にもどうかなって思っていたけど、
映画見る前に彼女主演の「七月と安生」が2017年アジア映画祭でABC賞受賞ということで、朝日放送で放映されたのを見た。
この子、若いのに変幻自在な曲者だわって感心しきり。
b0309033_11213520.jpg

案外と金城君との間で予想以上の化学反応が起こりそう!
そんな期待をさせてくれたチョウ・ドンユイ。
いやぁ。ほんとコミカルで素敵なラブ・ロマンス作品!
b0309033_11212981.jpg

それから
中国テレビ「瑯琊榜」を見てからすっかり中国ドラマに嵌ってしまって、
b0309033_12571851.jpg

b0309033_13043082.jpg


続編の「瑯琊榜~風雲来たる長林軍」を衛星劇場で見ている。
オプションチャンネルだし、これ以外、食指が動くようなドラマもないので、登録は止め!って決めたのに、やっぱり視聴申込してしまった。これ一作だけでも見ごたえありで、次の放映がどうなるか、どこの局でか分からないから、まぁ私へのご褒美と言うことで。
b0309033_12590344.jpg
b0309033_12583381.jpg

製作費の桁が違うみたいで、映像スケールも、映像美術も、衣装も、
下手な映画見るよりもよほど見ごたえがある。
一作目も、続編の本作も音楽が素晴らしいし、主題歌がどちらも胸に染みわたる。

一作目 主演の胡歌が歌う主題歌



2作目 主題歌
こちらもクセになりそうな……



叔母がこれで主役のウォレス・チョンに嵌った、目下、BS12とCS局で再放送中の歴史ドラマ「孤高の花」の音楽も素敵。

霍尊が歌う主題歌。
彼の声が素晴らしい。
男性とは思えない澄み切った声。
聞き惚れます。





男女デュオの挿入歌も頭の中でずっとリフレイン。



『孤高の花」のエンディングは叔母お気に入り、主演のウォレス・チョンが歌っている。
中国の俳優って歌も上手な方が多い。


中国ドラマを通して。中国と言う国の歴史と文化の奥深さ、国土の広さを改めて実感。
日本のドラマがやけにせせこましく小さく見える。
なんせ、男優は180cm以上、女優も170cmあたりが時代物の衣装着て動き回っても映えること。
韓流ドラマがやけに安っぽく見えてくる(そうじゃないドラマもあるんよ)。
中国ドラマの美男美女を見慣れた目で、たまに韓流ドラマを見るとみんな整形顔に見えてくる。

そんなこんなで(どんあこんなか分からないけれど)、
ブログで文章綴るっていうエネルギーがちょっと希薄になって、
言いながらたまにきてこんだけ綴って、何言うてんねん、なんですけどね。
最近はもっぱらSNSでひとり言呟いてます。

SNSとブログと相互に行き来出来ればいいんだけど
そこまで器用でも、マメでも、熱心でもないもんで……

呟きにフラストレーション起こしたら、
またブログの窓を開けに来なければ~って思うんでしょうね。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2018-04-20 13:39 | 徒然に

梅一輪


b0309033_09575378.jpg

週末はクリニックで処方された薬が効いたのか
爆睡につぐ爆睡。

週の始めから鼻風邪が
体力が落ちているこんな時にインフルエンザになったらかなわないから
金曜日に仕事の合間に事務所近くのクリニックへ
注射をしてもらって
あれやこれや薬を処方してもらって
金曜日の晩もトロトロと眠くって9時過ぎにベッドに
それから寝ること、寝ること。
気持ちいいくらいに寝れました。


つくづくと自力本願は無理な年頃なのねぇ、他力本願だわって
つくづく自覚した。


そんな爆睡の後の月曜日の朝、
出勤前に見たら、
鉢植えの梅がちょこっとぷっくりと
b0309033_09580050.jpg
梅一輪
一輪ほどの暖かさて言葉があったっけ。
まだまだ寒いけど
8割ほど元気取り戻した身にはなにやら嬉しい。


Machi。






[PR]
by machiiihi | 2018-01-29 10:04 | 徒然に

1月あれこれ

……というほどのさしたることもなし、
だけど、
なし崩し的に2月に行っちゃいそうなので、
1月あれこれと……

まずは、おせち料理。
1月1日は、私と娘とおオビちゃんは私の実家へ。
娘は従姉妹たちに逢えるのが楽しみ。

家で留守番の夫と息子のお昼ご飯にと、
今回は奮発して北瑞苑で一段のお重を。

実家でも同じ北瑞苑で三段重を取り寄せしてるから、私たちは実家にて。
母の作る白みそ仕立てのお雑煮もあるし……
毎年、このお像寺が楽しみ!
b0309033_10543799.jpg
b0309033_10530518.jpg
    
   でも、年末年始もマイペースで動く夫には
   上等なおせちも猫に小判?
   やっぱり
   一人でお重をつついても、さして美味しくないしね。
   来年は、あえてお重はいいか~ってことに。
   元旦といえど、晴れよりも普段仕様が良いみたい。



新年早々、こんなのが届きました。
でっかい卵の形をした発砲スチロール。
開けたところを取らなかったのが悔やまれる。

何!?
何?!って、
盛り上がって、わっって飛びついて
後から、撮っておけば…って気がついた。
b0309033_10522379.jpg

b0309033_10522809.jpg
 「恋人岬の君だけプリン」なるものが6個入ってました。
 とってもクリーミィーでした。


はや10年ほど前かしら
大阪城の梅園に行った折に買い求めた梅
今年も蕾が……

b0309033_10523800.jpg
玄関の外に水仙を無造作に
b0309033_10524873.jpg
そうそう、クリスマスローズも蕾がしっかりと、
そろそろ花開いてくれるでしょう。


14日に、中学時代の同級生が、連絡取り合って新年会を。
男子12.3人に、女子6人ほどの仲間内の集まりだけど。
こうやって恙無く集まれるのもあとどれくらいかしらね。
また来年も、元気に無邪気に会いましょう!
これが何よりも大事って思うこの頃。


まずは一月前半はこれにて。


Machi。



[PR]
by machiiihi | 2018-01-16 11:35 | 徒然に

朔日参り

事務所の窓から見えるお寺。
毎月一日の朝は、お参りに来る人たちが次々と訪れている。
そんな老若男女をみていると、
私もなにやら革まった気分になる。


b0309033_12445249.jpg
こんな光景を観るたびに私もと思うけど、
いつも月初は普段より早い出勤であれこれと忙しい。
ほっと一段落で窓を見下ろし、
あぁ、今日は一日なんだって、ずれたことを思い出す不信心者。

他力本願で拝礼。



Machi。

[PR]
by machiiihi | 2017-11-01 12:46 | 徒然に

オリーブの実を漬けてみた

ここんとこ、とんと映画とはご無沙汰の週末。
雨が降ってたけど、雨合羽を着てオリーブの実をとる。

とるといっても、結構ええ加減で、
実がついている枝を切ったり
手でもいだり、

その度に葉についてる水滴が顔にばしゃっと降りかかる。


まぁ、試し漬けだから、ほどよく適当に。


b0309033_09231749.jpg
ワインビネガーとメイプルシロップにそれぞれ漬け込んだ。
2年経ったら渋みが抜けて食べられるんだそうだ。

まずは、これで2年待ってみることに。
それでOKだったら、3年目は真面目に漬けてみることに。


写真の他に、
右端の背の低い瓶が五つほど、背の高いずんぐり太りの瓶が一つ。


さっと熱湯通したから、水気を取ったけどカビが生えないか心配ではあるが
まずは2年後がどうなってますやら……



Machi。



[PR]
by machiiihi | 2017-10-16 09:37 | 徒然に

久々の更新~8(エイト)君とか、琅琊榜とか、枕草子とか、

b0309033_09095058.jpg

iPhone8Plusがお手元に。
優れもののiPhone君。
親しみをこめて8(エイト)君と呼ぼう。
予約開始日の翌日に行ったもんだから、この土曜日にようやくお手元に。

ためしに写真なんぞを。
と、今の一隅を撮ってみた。
今までの6Plus君は、撮りましたガシャッ!って聞こえよがしに音がしたけど、
8君は、とっても静かで、一呼吸おいてからポロリンって一つ呟くだけ。
これはこれでいいのだけど、勝手なもんで撮った!って実感わかなくって、何やら愛想が無い気もしないわけでもない。

ちょっと重い気がしたんだけど、
8君は今までで一番重くって200g超えたって。
でもまぁ、今まで使ってた6Plusも190g超えてたようだし~
まぁスマホ自体が軽いもんじゃないから、
重いと言うより私的には安定感がある気がする。


それよりも容量が256BGなんで、動画試聴にはGood。
今までも65GBで不自由なかったけど、
ばんばんダウンロードできる。っていってもそんなに見る時間もないんだけど。

ただ、イヤホンジャックが無くなったんで、イヤホンつけながら充電しながらっていう時はどうする?
使わんときに充電する話なんかな……
なんやらワイヤレス充電だって…

2つのスピーカーが大きいの
だからかな
音楽聴いていると、微妙なサウンドをひろってくれてるみたいで、結構良いみたい。


とまぁ、あれこれありながらも、機嫌よく使いだしております。


さてさて、
嵌ってるものと言えば、
やっとこさネットフリックスで配信始まった中国ドラマ「琅琊榜~麒麟の才子、風雲を起こす」
何時になったら全話配信されるの?
DVD持ってるけどネットフリックスでも早く配信してほしい!

ネットフリックスみたいな動画配信サービスだと数秒後に次の動画が開始される。
こういう味をしると、DVD入れ替えが邪魔くさくって……
おちびちゃんたちときたら、お終いにしましょって言っても、画面隅っこに現れる次の動画映像を見て、「これ見るの! ダメ! ダメ!」ってテレビにしがみついている。
テレビでもスマホでもどこでも好きな時に見れるしね、
ったく人間って怠惰になるにも限度なしだわ。

「琅琊榜」は昨年テレビ放映の最終話見たとたん、即DVD購入!
いやぁ、それからもう何度見直してくることか!
いくつも伏線があるから、2度見て、あぁそうかって更に納得で面白い
3度見では俳優たちの、とりわけフー・ゴーの細やかな目の動きとか演技とか堪能。
何度見て美味しさが変わらないのがこの「琅琊榜」。


オープニングの映像と音楽も良いけれど、
エンディングで主役の胡歌(フー・ゴー)が歌う「風起時」がまた良くって
歌と声と映像でドラマの余韻に浸ってる。
衣装も調度品も音楽も上品で落ち着いていて、
もう韓ドラのキンキラキンは見れないわ。

叔母さんにDVD貸してあげたら、叔母さんもはまりまくってる。
これ見たら、他のドラマが見れなくなった。
二人で胡歌(フー・ゴー)祭りで盛り上がってる。

  いつまでかわからないけど、今だったらRakutenTVで1話~3話まで無料で見れる。

中国では数十年先に舞台を変えて続編が撮影されたとか。
でも胡歌がいないとねぇ~
b0309033_09443786.jpg
b0309033_09444946.jpg
今読んでる、
朝日選書発行の山本淳子さんの「枕草子のたくらみ~「春はあけぼの」に秘められた思い」が面白い。
橋本治氏の「桃尻語訳 枕草子」は面白かったけど、これはあくまでも枕草子という本の世界の味を教えてくれたけど、
本書は、「枕草子」に秘められた清少納言の思いを紐解いた本、とでもいえるかしら。
「枕草子」がもっと身近に、あの時代生きたものとして感じられる。
面白いです。


Machi。









[PR]
by machiiihi | 2017-10-03 10:00 | 徒然に

久方ぶりのブログ更新

約2か月ぶりの更新

「よしなしごと」をと言いながらも、やっぱりね
ウキウキ&トキメキがわいてこなかったらブログに綴ろうって気も起きないし、
暑くなると、この身一つのお世話だけで精いっぱいでブログまでって気もダウンしてしまう。

このまま沈没しそうだから
毎週わくわくしながら毎週末の配信を待っていたNetflixのオリジナル韓国ドラマ「秘密の森」がこの週末で終わったから、これを機にブログ更新。
詳細はリンク先サイトで。
主人公のチョ・スンウもグッド・キャスティングだけど、それ以上に良かったのが、検事役のチョ・スンウと共に事件解明に熱い魂で取り組む女刑事を演じたペ・ドゥナ!

b0309033_14055990.jpg

彼女の、地べたに溶け込んだかのような、演技とも思えないほどのリアルな日常感。
淡々とした演技なのに、事件に取り組む彼女の暑さが彼女から滲み出て、見る側にしみじみと伝わる。


b0309033_14055087.jpg

こういうのを見ると、日本映画やドラマでのオーバーアクションや感情過多の演技に辟易する。




先日観に行った映画2本
b0309033_14061305.jpg
大日本帝国統治下の朝鮮。
国を愛し、ハングルの言葉を愛し、そして詩を愛した青年が留学先の日本で獄死した。
そんな彼らがいたことを、
留学先の日本で若い命が消されたことを
そういう事があったことを、
やっぱり知るべきだろう。
そして彼が残した美しい詩を
「空と風と星の詩人~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~」

b0309033_14060740.jpg
そして
写真で見るだけだが演じた俳優よりもはるかに穏やかな眼差しの眉目秀麗な尹東柱
きっと彼の詩も、そんな風貌に重なるような、そんな風だっただろう……

b0309033_14061959.jpg


そして
仕事に出かけた夫がそのまま帰って来ない。
そして帰って来ない愛する夫ひたすらを待ち続ける妻。
南北分断による離散家族を描いた短編「あの人に逢えるまで」

b0309033_14062718.jpg
悲劇ともいえる2作品
けれど
なんと、優しさに満ちたエンディングだっただろう。
言葉にもできないほどの苦しさや悲しさや口惜しさや、
そんな感情を全て包み込むような慈愛に満ちた静かな優しさに包まれたエンディング。
映画のそんなラストに、韓国映画の逞しさを感じる。




それからついでに、

ブログお休みの間に観た映画
メル・ギブソン監督「ハクソー・リッジ」
生きることを最優先にしたアメリカと、生き恥をさらすなと教え込まれた日本兵たちと、
改めてその違いを見せつけられたような……。
メル・ギブソン
貴方は本当に真摯に映画を撮ってるなって改めて思いました。

どんな風に描かれているのかなって、そんなことも気になって観に行った「ラスト・プリンセス~大韓帝国最後の皇女」

「ホームズ」が面白かったから、ちょっと期待して観に行ったガイ・リッチ―監督の「キング・アーサー」は期待外れ。
キング・アーサーがねぇ、どうもオーラが感じられなくってねぇ。
主役演じる俳優のオーラっていうか色気っていうか、そういうのって大事ってしみじみ思う。


あまり見ていないな
もう少し見てると思うけど、すでに記憶の彼方。

取り急ぎ
あれこれと取り留めなく綴った久々のブログ更新



Machi。










[PR]
by machiiihi | 2017-07-31 13:56 | 徒然に

4月になれば……

4月になれば、
こんなはんなりした桜色をみると、
やっぱり
こころが浮き立つ


昨夕
大川沿いの桜。
朝はうんともすんとも無かったらしいけど、
昼からの陽気で一気に花開いたみたい。
b0309033_09552850.jpg
b0309033_09553508.jpg
b0309033_09554764.jpg
b0309033_09554162.jpg
週末は、叔母と私と、そこに実家の母もいっちょかみして
フィギュアスケート世界選手権お茶の間観戦で
電話とメールがいったりきたりのジェットコースター状態で

昨日は夫が出張なさったので、
友人から「うちら勝手に羽生君優勝祝賀会やろう! 隣の喫茶店で焼きウドン奢るわ~!」ってメールきたもんだから
天満橋にある友人のギャラリーまでいそいそと寄り道。

女二人焼きウドン食べながら。
ネットにアップされている今回のフリーやらエキシビジョンの白鳥というよりも、凛とした丹頂鶴さんの舞やら、プレカンやら、帰国時のインタビュー映像やら、はたまた2012年ニース・ワールドの伝説のロミ・ジュリやら見ては盛り上がっての他愛ないもんですけどね。

しかし、まぁ
桜までウキウキ気分を盛り上げてくれて
ありがとう!


実はこの週末、
実家の母と叔母と妹の4人で
毎年恒例、京都まで筍料理を食べに行く予定なんだけど、
羽生君ショート5位の結果に
今回は表彰台も無理かも……って
筍料理の食事会もお通夜状態になってしまうやんって思っていたら……


優勝おめでとう! です。


それからアイスダンスのパパダキス・シゼロン組!
フリーはショート1位のカナダのテッサ・モイア組を押さえて1位に。
YOUTUBE動画で彼らのフリー演技何度見たことか!

結果テッサ・モイア組がトータル198.62で金、パパダキス・シゼロン組が196.04で銀、
そしてアメリカのシブタニ兄妹が185.18で銅。
バンクーバーオリンピックで金、ソチ・オリンピックで銀のテッサ・モイア組。
平昌オリンピックでは当然金メダルを目指しているだろうし、
2015.16年世界選手権2連覇の若いパパダキス・シゼロン組も当然表彰台の真ん中を目指しているだろうし、シブタニ兄妹もメダル争いに食い込んでくるだろうし
男子シングルの熱さは半端ないけど、
アイスダンスもかなりの熱さ。


4月1日の羽生君優勝で
心は春爛漫桜満開状態で
よろしいこと!

ホープ・アンド・レガシー

まさにレガシーになったヘルシンキワールド男子フリー。



4月8日からは
奴等の20年後を描いた「トレイン・スポッティング2」が公開だって。
なにやら嬉しいこと。
皆さん変らず健在は喜ばしい。
シックボーイも現代版ホームズしているしね。


Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-04-05 10:33 | 徒然に

忘れてた!お雛様

明日から3月!
2月は娘からの、「インフルエンザAに罹った」ってメールに、
大阪にいる私まで、なんだかインフルエンザになってしまいそうな気がしてきて、
ドアの向うでおチビちゃん達の声がすると淋しくってって、そんなメールにこっちもほろほろしてしまい、
幸い軽い症状で良かったけど、その間ずっと私も変な感じ。
でも翌週には、上のおチビちゃんがインフルエンザになったってメール。
気が気でない日々を過ごすうちに、
すっかり忘れてたお雛様。
娘の雛の節句に実家からお祝いの弾飾り。

嫁いだ娘のためにせっせと母してる私。
昨年は2月中旬に頑張って出したのよね。

昨年の写真
段飾りの写真は呆けてるけど…↓

b0309033_15113182.jpg
b0309033_15113521.jpg



今年は今から出す体力気力はないわねぇ。
せめて立ち雛だけでも出しましょうか。


これも昨年の写真↓
b0309033_15193719.jpg
こうやって飾ってもね、
何をどうしようが、夫も息子も知ってか知らずか
色気も華やぎもなくって愛想もないこと。



Machi。


[PR]
by machiiihi | 2017-02-28 15:18 | 徒然に